忘 - 漢字私註

説文解字

忘
不識也。从、亡亦聲。
心部

康煕字典

部・劃數
心部三劃

『集韻』『韻會』武方切『正韻』無方切、𠀤音亡。『說文』不識也。『增韻』忽也。又遺也。『書・微子之命』予嘉乃德、曰篤不忘。謂不遺也。又『儀禮・士冠禮』壽考不忘。《註》長有令名、不忽然而遽盡也。

又善忘、病也。『莊子・達生篇』氣下而不上、則使人善忘。

又坐忘、無思慮也。『莊子・大宗師』回坐忘。

又『廣韻』『正韻』巫放切『集韻』『韻會』無放切、𠀤音妄。『韻會』棄忘也。『增韻』遺忘也。『周禮・地官・司刺』三宥、一曰遺忘。

又志不在也。『左傳・隱七年』鄭伯盟、歃如忘。《註》志不在于歃血也。又『韓愈・別竇司直詩』中盤進橙栗、投擲傾脯醬。歡窮悲心生、婉戀不能忘。

『說文』从心从亡。會意。

廣韻

遺忘。又音亡。

音訓

(1) バウ(漢) マウ(呉) 〈『廣韻・去聲・漾・妄』巫放切〉
(2) バウ(漢) マウ(呉) 〈『廣韻・下平聲・陽・亡』武方切〉
(1) わすれる。すてる。
(2) わすれる。ゆるがせにする。

解字

白川

形聲。聲符は

『説文解字』に識らざるなり。心に從ひ、亡に從ふ。亡は亦聲なり。とあり、識とは記憶にあることをいふ。

忘は周初の金文に字を[⿰言𦣠]に作り、に從ふ。(補註: 『説文解字』に𧭅を錄し、段注にその古文を[⿰言𦣠]に作るとある。)

のち列國期の金文には概ね忘の字を用ゐる。

儀禮・士冠禮壽考不忘(壽考まず)とあるものは、『詩・小雅・蓼蕭』に其德不爽、壽考不忘。(其の德たがはず、壽考忘まず)と見え、古い言ひ方なのであらう。

[⿰言𦣠]の字形から考へると、望氣をして、災ひをやめるやうに祈ることが、この語の原義であつたやうである。

藤堂

と音符の會意兼形聲。亡は、人が乚印の圍ひに隱れて姿を見せなくなることを示す會意字。忘は、心中から姿を消してなくなる、つまり忘れる意。

漢字多功能字庫

忘は形聲會意字。は同時に聲と意を表し、亡は無なり。亡とに從ひ、記憶を失ひ、覺えてゐないことを表す。本義は忘れること。

金文では、人名に用ゐるほか、忘れるの意を有す。

出土文獻では忘をの通假字となす。

屬性

U+5FD8
JIS: 1-43-26
當用漢字・常用漢字

關聯字

忘聲の字