𧭅 - 漢字私註

説文解字

𧭅
責望也。从聲。
言部

説文解字注

𧭅
責望也。从言聲。
初句の註に『太玄』宼[⿰言𦣠]其戸。范曰、[⿰言𦣠]、責也。按朢之古文作𦣠。故𧭅之古文亦作[⿰言𦣠]。といふ。Wikisourceは『太玄經』引用部分(下卷・逃・次三)を寇望其戶に作る。

康煕字典

部・劃數
言部十四劃

『唐韻』巫放切『集韻』無放切、𠀤亡去聲。『說文』責望也。又『類篇』欺也。

又『集韻』武方切、音亡。義同。

『正字通』通作。或省作𧫢

部・劃數
言部十一劃

『廣韻』巫放切、音望。相責也。『字彙』與𧭅同。

音訓

バウ 〈『廣韻・去聲・漾・妄』巫放切〉
せめる

解字

白川

形聲。聲符は。望は氣を望んで妖祥を知り、また呪的な方法で壓服を加へることをいふ。その祝禱の辭を𧫢といつたのであらう。

『説文解字』に責望するなりとあり、『史記・衡山王賜傳兄弟相責望禮節閒(兄弟、禮節の閒に相ひ責望す)(補註: 中國哲學書電子化計劃は句の切り方を異にする)、『史記・張耳陳餘傳』不意君之望臣深也(おもはざりき、君の臣をうらむこと深きを)などの望は、𧫢字の義、怨望することをいふ。

金文の《獻𣪘》に十世まで𧫢わすれず、《師𩛥鼎》に天子亦た公上父の㝬德を𧫢わすれずのやうにの意に用ゐてをり、それが字の初義であらう。

【補註】漢字多功能字庫は上揭《獻𣪘》の銘文を忘字條に引くが、𧫢を朢に作り、忘に假借するとする。また朢字條に、朢に言を加へる場合があるとする。

屬性

𧭅
U+27B45
𧫢
U+27AE2