惶 - 漢字私註

説文解字

惶
恐也。从聲。
心部

康煕字典

部・劃數
心部九劃

『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤胡光切、音皇。『說文』恐也。从心皇聲。『後漢・杜詩傳』蕭廣縱暴、百姓惶擾。

又『集韻』雨方切、音王。義同。

『說文長箋』皇訓大、故从皇。通借用。漢書皇恐譌作主臣、艸書皇字之誤。

音訓

クヮウ(漢) 〈『廣韻・下平聲・唐・黃』胡光切〉
おそれる。あわてる。

解字

白川

形聲。聲符は

『説文解字』に恐るるなりとあり、恐惶の意。

徨、遑の字の含む心的な狀態を惶といふ。あわてふためく意がある。

藤堂

と音符(大きく擴がる)の會意兼形聲。あてもなく擴がつて落ち着かぬ意を含む。

漢字多功能字庫

に從ひ聲。本義は、恐懼、驚慌。『說文解字』(上揭・略)。『廣雅・釋詁三』惶、懼也。

また迷惑、疑惑を表す。『字彙・心部』惶、惑也。

屬性

U+60F6
JIS: 1-56-21