車 - 漢字私註

説文解字

車
輿輪之緫名。夏后時奚仲所造。象形。凡車之屬皆从車。
十四車部
𨏖
籒文車。

康煕字典

部・劃數
部首
古文
𠦴

『廣韻』九魚切『集韻』『韻會』『正韻』斤於切、𠀤音居。『廣韻』車、輅也。『古史考』黃帝作車、引重致遠。少昊時加牛、禹時奚仲爲車正、加馬。『書・舜典』車服以庸。『易・大有』大車以載。『論語疏』大車、牛車、平地載任之車也。小車、駟馬車、田車、兵車、乘車也。

又山車、自然之車也。『禮・禮運』山出器車。《疏》謂其政太平、山車垂鉤、不揉治而自員曲也。

又巾車、官名。『周禮・春官』巾車、掌公車之政令。《註》巾、猶衣也。巾車、車官之長、車皆有衣以爲飾、故名。

又公車、署名。『後漢・光武紀』詔公卿、司隸、州牧、舉賢良方正各一人、遣詣公車。《註》公車令一人、掌殿司馬門。天下上書及徵召、皆總領之。公車所在、因以名焉。

又揭車、香草名。『屈原・離騷』畦留夷與揭車。《註》留夷、揭車、皆香草也。

又覆車、網名。『爾雅・釋器』罦、覆車也。《註》今之翻車、有兩轅、中施罥以捕鳥。

又『廣韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤昌遮切、音硨。『說文』輿輪總名。

又牙車、牙所載也。『左傳・僖五年』輔車相依。《註》輔、頰輔。車、牙車。《疏》車、牙下骨之名也。或又謂之頷車。輔爲外表、車爲內骨、故云相依。

又姓。漢丞相田千秋、以年老、得乘小車出入省中、時人謂之車丞相。其子孫因以爲氏。又子車、複姓。『詩・秦風』子車仲行。

又叶倉何切、音磋。『程曉・伏日詩』平生三伏日、道路無行車。閉門避暑臥、出入不相過。

部・劃數
十部十一劃

『集韻』古作𠦴。註詳部首。

部・劃數
車部十五劃

籀文字。

異體字

簡体字。

音訓

シャ(漢、呉) 〈『廣韻・下平聲・麻・車』尺遮切〉
キョ(漢) コ(呉) 〈『廣韻・上平聲・魚・居』九魚切〉
くるま

キョの音は古音。

解字

白川

象形。車の形に象る。籀文の字形には、轅を加へてゐる。

説文解字に輿輪の總名なりとあり、車の全體をいふ。

古音は居、『詩』に居、魚と韻する例が多く、居の義に用ゐることがある。『禮記・禮運天子以德為車(天子は德を以て車と爲す)とは、居と爲す意。

藤堂

象形。車輪を軸止めで止めた二輪車を描いたもので、その上に尻を据ゑて乘る。または乘せるものの意。

もと居と同系の言葉。魚韻に讀むことがあるのは、上古音の殘つたもの。

落合

馬車(戰車)を表してをり、馬を除いた車のみの象形。甲骨文は、上部に馬に繫ぐ衡(橫木)と、衡と車體を繫ぐ轅があり、下部に車軸と二つの車輪がある。車輪のみ橫から見た形になつてゐる。甲骨文には異體字が多く、人が乘る部分を表現した形や、衡に馬首を繫ぐ軛を示した形もある。また車軸と車輪だけに簡略化した形もあり、金文ではその字形の車輪を一つにした形が作られ、現用の字形の元になつてゐる。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. くるま。馬車を指す。車馬とも稱される。《合集》10405・驗辭甲午、王往逐兕小臣戴車馬、硪[⿱兔丂]王車、子央亦墜。
  2. 地名またはその長。殷金文の圖象記號にも見える。《合集》6834・驗辭旬又一日癸亥、車弗[⿱屮戈]。之夕垔甲子、允[⿱屮戈]。

漢字多功能字庫

甲骨文、金文は車の形を象る。字形は多く變はり、書き方は固定されず、時に車の輪、輿、ジク、軛、轅、衡など全部を描き出す。本義は車輛。金文は通常車を縱に起こして作り、隸變の後に字形は簡化を經たが、金文の縱に起こして作る習慣は繼承されてゐる。按ずるに説文解字の籀文「𨏖」は西周金文の變形したもの。小臣宅𣪕の字形を參照のこと(孫詒讓、王國維)。

甲骨文での用義は次のとほり。

金文での用義は次のとほり。

金文の旅字は車を聲符とするときがあり、車を直接に旅の省文とするときもある。乍車𣪕乍(作)尊車(旅)寶彝。

戰國竹簡での用義は次のとほり。

屬性

U+8ECA
JIS: 1-28-54
當用漢字・常用漢字
𠦴
U+209B4
𨏖
U+283D6
U+8F66

関聯字

車に從ふ字

説文解字・車部のほか、以下の字など。