几 - 漢字私註

説文解字

几
踞几也。象形。『周禮』五几、玉几、雕几、彤几、䰍几、素几。凡几之屬皆从几。
十四几部

康煕字典

部・劃數
部首

『唐韻』居履切『集韻』『韻會』舉履切『正韻』居里切、𠀤寄上聲。『說文』踞几也。《徐曰》人所凭坐也。『詩・大雅』或肆之筵、或授之几。『周禮・春官』五几、玉几、雕几、彤几、漆几、素几。『劉歆・西京雜記』漢制、天子玉几、冬加綈錦其上、謂之綈几。凡公侯皆竹木几、冬則細𦇧爲橐以馮之。『玉篇』案也。亦作。『左傳・昭五年』設机而不倚。

又几几、安重貌。『詩・豳風』赤舄几几。

音訓・用義

キ(漢、呉) 〈『廣韻・上聲・旨・几』居履切〉
おしまづき。ひぢかけ。つくえ。

几几は、安重の貌、落ち著いて重々しいさま。

解字

白川

象形。兩端に足のある臺の形に象る。の初文。机はにれに似た木の名で、もと別の字。

説文解字に踞几なりとあり、坐几をいふ。

老者には特に几を薦めるのが禮で、『詩經・大雅・行葦』に或授之几。(或は之に几を授く)といふ。また祭禮や儀禮のときには、薦獻のため几筵を設けた。

のち文書を几上で扱ふので几案といひ、棚に用ゐるやうになつて几閣といふ。

藤堂

象形。足つきの四角い臺を描いたもの。の原字。

屬性

U+51E0
JIS: 1-49-60

関聯字

几に從ふ字

几聲の字

其の他

几を幾の簡体字として用ゐる。