鼻 - 漢字私註

説文解字

引气自畀也。从。凡鼻之屬皆从鼻。
鼻部

康煕字典

部・劃數
部首
古文

『唐韻』父二切『集韻』『韻會』毗至切『正韻』毗意切、𠀤音紕。『說文』鼻、引气自畀也。『釋名』鼻、嘒也。出氣嘒嘒也。『管子・水地篇』𦜉發爲鼻。『白虎通』鼻者、肺之使。

又『揚子・方言』鼻、始也。獸初生謂之鼻、人初生謂之首。梁益閒謂鼻爲初、或謂之祖。祖、居也。又人之胚胎、鼻先受形、故謂始祖爲鼻祖。『揚雄・反騷』或鼻祖於汾隅。

又獵人穿獸鼻曰鼻。猶持弓曰手弓。『張衡・西京賦』鼻赤象、圈巨狿。

又炊鼻、地名。『左傳・昭二十六年』師及齊師戰於炊鼻。『杜註』炊鼻、魯地。

又有鼻、國名。在永州營道縣北。『前漢・昌邑哀王傳』舜封象於有鼻。『師古註』有鼻在零陵。『孟子』作有庳。又鼻息、西方國名。見『風俗通』。又『後漢・杜篤傳』共川鼻飮之國。《註》相習以鼻飮也。

又反鼻、蝮蛇別名。

又類鼻、草名。生田中、葉如天名精。『李時珍曰』卽豨薟。

又『內典』阿鼻、此曰無閒。

从自从畀。俗从白、非。

音訓

ビ(呉) ヒ(漢) 〈『廣韻・去聲・至・鼻』毗至切〉
はな。はじめ(鼻祖)。

解字

形聲。鼻の象形たるに從ひ、聲。

白川

形聲。聲。

説文解字に氣を引きて自らあたふるなりと會意に解するが、は鼻の象形。畀を聲とするのは、その鼻息の擬聲語と見てよい。

顏面で最も突出するところであり、本邦でははな(端)といひ、支那には鼻祖といふ語がある。人はまづ鼻から生まれるといふのは俗説。

藤堂

と音符の形聲。自は鼻の形を描いた象形字。鼻は、狹い鼻腔の特色によつて名附けた言葉。

落合

形聲。を意符、を聲符とする。自は鼻の象形であり、それに聲符を加へた繁文。

甲骨文での用例は少なく、地名の用法しか見えない。《合集》8189壬申卜貞、呼…禦、在鼻…在棋。

漢字多功能字庫

甲骨文はに從ひ聲。自は鼻の形を象り、畀は聲符。本義は鼻。

甲骨文では地名に用ゐる。《合集》8189才(在)鼻(上揭)。

自は人の鼻を象り、自は本來鼻と讀める。後に自を自己を表すのに用ゐるやうになり、畀聲を加へて鼻字を分化し、鼻を表す。

戰國竹簡では本義に用ゐ、鼻を表す。

始祖を鼻祖と稱するのは、鼻、祖のいづれにも初始の意があるため。揚雄はその所以を『揚子・方言』(上揭)に説く。

人の鼻は隆起し突出してゐるので、器物の突出した部分をまた鼻と稱する。例へば印鈕(印鑑のつまみ)をまた鼻と稱する。『廣雅・釋器』印謂之璽、鈕謂之鼻。王念孫疏證鈕、印鼻也。

器物上に孔のある部分をまた鼻と稱する。庾信〈七夕賦〉針鼻細而穿空。

屬性

U+9F3B
JIS: 1-41-1
當用漢字・常用漢字

関聯字

鼻に從ふ字

鼻聲の字