疋 - 漢字私註

説文解字

疋
足也。上象腓腸、下从。弟子職曰、問疋何止。古文以爲『詩・大疋』字。亦以爲字。或曰字。一曰疋、記也。凡疋之屬皆从疋。
疋部

康煕字典

部・劃數
部首

『唐韻』所菹切『集韻』『韻會』山於切『正韻』山徂切、𠀤音蔬。『說文』足也。弟子職、問疋何止。

又『集韻』寫與切、音胥。又所據切、音絮。義𠀤同。

又『廣韻』疎舉切『集韻』爽阻切、𠀤音所。記也。

又『廣韻』五下切『集韻』『韻會』『正韻』語下切、𠀤音雅。正也。古文爲【詩・大雅】字。『晉書・南陽王模傳』安定太守賈疋。

又『五音集韻』譬吉切、音匹。『小爾雅』倍兩謂之疋。二丈爲兩、倍兩四丈也。『韻會』按古文大小雅、爾雅、字本作疋、今文皆作雅、而疋字但音匹矣。

又『集韻』、古作疋。註詳部首。

音訓

(1) ショ(呉) ソ(漢) 〈『廣韻・上平聲・魚・䟽』所𦵔切〉
(2) ガ(漢) 〈『廣韻・上聲・馬・雅』五下切〉
(3) ヒキ(慣) ヒツ(漢) ヒチ(呉)
(1) あし
(2) ただしい

解字

白川

足の下半部、膝から下の象形字。と殆ど同形。

金文の《免𣪘》になんぢに命じて周師(人名)をたすけ、林を𤔲をさめしむ(一部下揭)とあり、足を佐疋の意に用ゐる。《善鼎》に「佐疋」といふ語があり、佐胥することをいふ。

『説文解字』に一に曰く、疋記なりとあるのは、疏記、註釋を加へる意。

また『説文解字』に古文以て『詩』の『大疋(雅)』の字と爲すと雅の字に用ゐるといひ、清朝の小學家に大雅小雅を大疋小疋と記すものが多いが、その通用の義を説くものはない。思ふに雅、夏はもと通用の字。夏は舞容を示す字で、また頙と記し、その省文の疋が、雅と通用する。

藤堂

象形。あしの形を描いたもので、字と逆になつた形で、左右相對したあしのこと。

また、左右一對で組を成すので、匹に當ててヒツといふ音を表し、本邦ではヒキと誤讀した。

また、正と混同して、正雅の雅を表す略字として轉用された。

落合

と同源の字。

漢字多功能字庫

甲骨文、金文は、大腿から足裏までの足を象り、本義は足。甲骨文、金文のと疋は同字。戰國文字で分化し始め、足字の上部は形に書かれ、疋字の上部は圓形や「マ」形に書かれるやうになつた(季旭昇)。

甲骨文では本義に用ゐる。《合集》775反疾疋は、足に疾のあることを表す。

傳世文獻でも本義に用ゐる。

甲骨文ではまた人名に用ゐる。

金文では讀んでとなし、輔助を表す。免簋令女(汝)疋(胥)周師(訓讀文上揭)は、汝に命じて周朝の軍隊を輔助せしむ、の意。『爾雅・釋詁』胥、相也。『方言』胥、輔也。

また疏の通假字とする。《郭店楚簡・老子甲》簡28古(故)不可得而新(親)、亦不可得而疋(疏)。《馬王堆帛書・老子》甲乙本や王弼本『老子』は、疋を疏につくる。

また雎の通假字とする。《上博竹書一・孔子詩論》簡10關疋(雎)以色俞(喻)於豊(禮)。「關疋」は『詩』の篇名の『關雎』のこと。

また人名に用ゐる。《郭店楚簡・窮達以時》簡9子疋(胥)は、呉の名臣、伍子胥のこと。

屬性

U+758B
JIS: 1-41-5
人名用漢字

関聯字

疋に從ふ字

疋聲の字