儿 - 漢字私註

説文解字

儿
仁人也。古文奇字也。象形。孔子曰、在人下、故詰屈。凡儿之屬皆从儿。
儿部

康煕字典

部・劃數
部首

『集韻』『韻會』𠀤而鄰切、音仁。『說文』人也。『玉篇』仁人也。孔子曰、人在下、故詰屈。『戴侗・六書故』人儿非二字、特因所合而變其勢。合於左者、若伯若仲。合於下者、若兒若見。『鄭樵・六書略』人象立人、儿象行人。

又『集韻』居拜切、音戒。仁人也。

音訓

ジン(漢) ニン(呉) 〈『集韻』而鄰切、音仁〉[rén]{jan4}
ひと

解字

を脚として用ゐるときの形。

藤堂

象形。人の下半身を描いたもの。と同じ。

屬性

U+513F
JIS: 1-49-25

関聯字

兒の簡体字を儿につくる。