衍 - 漢字私註

説文解字

水朝宗于海也。从
十一水部

康煕字典

部・劃數
行部三劃

『唐韻』『集韻』『韻會』𠀤以淺切、音演。水溢也。『說文』水朝宗于海也。

又『小爾雅』澤之廣者謂之衍。

又美也。『詩・小雅』釃酒有衍。

又布也。『前漢・司馬相如傳』離靡廣衍。

又游衍。自恣之意。『詩・大雅』昊天曰旦、及爾游衍。

又衍沃、平美之地。『左傳・襄二十五年』井衍沃。

又曼衍、無極也。『莊子・齊物論』和之以天倪、因之以曼衍。

又沙衍、水中有沙者。『穆天子傳』天子乃遂東征、南絕沙衍。

又篋衍、笥也。『莊子・天運篇』芻狗之未陳也、盛以篋衍、巾以文繡。

又『博雅』衍衍、行也。『謝朓詩』衍衍淸風爛。

又水名。『史記・荆軻傳』丹匿衍水中。『索隱曰』在遼東。

又朐衍、地名。『前漢・地理志』屬北地郡。

又姓。『通志・氏族略』衍、子姓、宋微仲衍之後。

又『廣韻』于線切、延去聲。義同。

又『集韻』夷然切、音延。進也。『周禮・春官』望祀望衍。『鄭註』讀爲延。《疏》衍、衍祭也。『劉歆・甘泉賦』高巒峻阻、臨眺曠衍。叶泉字韻。

『直音』或作

音訓

エン(漢、呉)
あまる。あふれる。おほい。ゆたか。ひろい。たひら。しく。

解字

白川

の會意。行は路。行路の上に水が溢れる意。

藤堂

の會意で、水が長く橫にのびるさま。

落合

巡の甲骨文([彳巛]の形)の異體に、に從ふ形([彳巛亍])がある。これが後に衍字に分化した。

(補註: 落合が巡の甲骨文として擧げる[彳巛]、[彳巛亍]の形を、漢字多功能字庫は衍の甲骨文として擧げる。辵(彳と止)と巛の略體に從ふ形については、兩者とも巡の甲骨文とする。約めると、落合の言ふ巡 = 漢字多功能字庫の言ふ衍 + 同じく巡。)

漢字多功能字庫

構形本義に定論はない。甲骨文はに從ふ。行はあるいは省いてにつくり、いづれも道路の形を象る。川はあるいはにつくり、いづれも水の流れるさまを象る。水が四方八方に通ずる道路を流れ、恐らくは溢出、泛濫の義で、派生して延伸、展開、散布を表す。

甲骨文での用義は次のとほり。

金文は行と川に從ひ、人名、地名に用ゐる。意義は不明。

説文解字の衍と𣶃の釋は同じであり、王筠は、衍字の釋が失はれ、𣶃字の釋をこれに移したと疑ふ。

衍と羨は音義近く、通ずる。傳世文獻の衍は多く泛溢、多餘の義。

衍と衎は相通ず。

衍と演は相通ず。『易・繫辭』大衍之數、鄭玄注演也。孔穎達疏推演天地之數。推算演繹を表す。

衍と延は相通ず。

このほか、衍と洐には區別がある。衍は水が行の中にあり、水が溢れることを表す。洐は水が行の側にあり、水流を表す。

屬性

U+884D
JIS: 1-62-7

関聯字

衍聲の字