行 - 漢字私註

説文解字

行
人之步趨也。从。凡行之屬皆从行。
行部

康煕字典

部・劃數
部首

『唐韻』戸庚切『集韻』『韻會』『正韻』何庚切、𠀤音蘅。『說文』人之步趨也。『類篇』从彳从亍。『韻會』从彳、左步。从亍、右步也。左右步俱舉、而後爲行者也。『爾雅・釋宮』堂上謂之行、堂下謂之步。『釋名』行、伉也、伉足而前也。

又『廣韻』適也、往也、去也。

又『增韻』路也。『禮・月令』孟冬、其祀行。《註》行、在廟門外之西、爲軷壤、高二寸、廣五寸、輪四尺、設主軷上。

又道也。『晉語』下有直言、臣之行也。

又五行。『書・洪範』我聞在昔、鯀陻洪水、汨𨻰其五行。『韻會』五行、運于天地閒、未嘗停息、故名。

又行人、官名。『廣韻』周有大行之官。『論語』行人子羽修飾之。

又語也。『爾雅・釋詁』行、言也。《註》今江東通謂語爲行。

又歌行。『前漢・司馬相如傳』爲鼓一再行。『師古曰』行謂引、古樂府長歌行、短歌行、此其義也。

又『唐書・韓琬傳』器不行窳。『音義』不牢曰行、苦惡曰窳。

又『廣韻』下孟切、胻去聲。『玉篇』行、迹也。『周禮・地官・師氏』敏德以爲行本。《註》德行內外、在心爲德、施之爲行。

又姓。『後漢・光武紀』隗囂遣將行巡𡨥扶風。《註》行、姓。巡、名。漢行祐爲趙相。

又『集韻』寒岡切、音杭。『類篇』列也。『左傳・隱十一年』鄭伯使卒出豭、行出犬雞。《註》百人爲卒、二十五人爲行。行亦卒之行列。『吳語』吳王陳士卒百人以爲徹行百行。《註》以百人通爲一行、百行爲萬人、謂之方𨻰。

又中行、複姓。『通志・氏族略』中行氏、晉公族隰叔之後也、漢文時有宦者中行說。

又太行、山名。『書・禹貢』太行、恆山、至于碣石。《註》太行在河內山陽縣西。

又『廣韻』戸浪切、音笐。次第也。

又輩行也。『杜甫詩』豈如吾甥不流宕、丞相中郞丈人行。

又『韻會』行行、剛健貌。『論語』子路行行如也。

又『類篇』下朗切、音沆。義同。

又『韻補』叶先韻。『焦氏・易林』缺破不完、殘祭側偏。公孫幽遏、跛踦後行。

又『集韻』乎監切、音嗛。與同。

音訓・用義

(1) カウ(漢) ギャウ(呉) アン(唐) 〈『廣韻・下平聲・庚・行』戸庚切〉
(2) カウ(漢) ギャウ(呉) 〈『廣韻・去聲・映・行』下更切〉
(3) カウ(漢) ギャウ(慣) ガウ(呉) 〈『廣韻・下平聲・唐・航』胡郎切〉
(4) カウ(漢) ガウ(呉) 〈『廣韻・去聲・宕・吭』下浪切〉
(1) みち。ゆく。ゆくゆく。おこなふ。たび(旅行)。
(2) おこなひ(修行)。ふるまひ(品行)。
(3) ならび(行列)。

音(4)は輩行など、年齡、世代、仲間などの順序、序列を表すときに用ゐる。

解字

白川

象形。十字路の形に象る。交叉する道をいふ。卜文、金文の字形は、十字路の形につくる。

金文に先行、行道のやうに用ゐる。

呪力は道路で行ふことによつて、他の地に機能すると考へられ、術、衒など呪術に關する字に、行に從ふものが多い。

藤堂

象形。十字路を描いたもので、道、道を行く、動いて動作する(行ふ)などの意を表す。また、直線をなして進むことから、行列の意ともなる。

落合

象形。四辻の象形。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. ゆく。進行する。道路の象形からの派生義。往行とも言ふ。《合集補編》1245乙酉卜賓貞、呼、延復有行。十月。
  2. 地名またはその長。第二期(祖庚祖甲代)には貞人としても見える。《東京大學東洋文化研究所藏甲骨文字・圖版篇》412貞、行弗其戴王使。
行用
軍事行動に關する語。詳細不明。《合集》26887貞、非行用、[屮戈]雉衆。

漢字多功能字庫

甲骨文、金文は、四方八方に通ずる道路、今で言ふ十字路に象る。本義は道路。步き進むの意を派生する。行は古文字の偏旁となり、往々にして省略されてにつくり、彳に從ふ字はみな行くことや道路と一定の關係を有す。

本義の道路から出發して、步き進むの意や、行列の意を派生する。步き進むの義から、流行、通行、施行、經歷、巡視、行爲などの義を派生する。行列の義から排行、行業(業種)の意を派生し、業種の義から商行(商店)、銀行の義を派生する。

甲骨文での用義は次のとほり。

金文での用義は次のとほり。

戰國竹簡での用義は次のとほり。

屬性

U+884C
JIS: 1-25-52
當用漢字・常用漢字

関聯字

彳は行の左半分より成る。
亍は行の右半分より成る。

行に從ふ字

行聲の字