敔 - 漢字私註

説文解字

敔
禁也。一曰樂器、椌楬也、形如木虎。从聲。
攴部

説文解字注

敔
禁也。音同。『〔爾雅〕釋言』禦、圉、禁也。『說文』禦訓祀、圉訓囹圉、所以拘罪人。則敔爲禁禦本字。禦行而敔廢矣。古假借作、作圉。一曰樂器。椌楬也。形如木虎。按此十一字後人妄増也。『〔禮記〕樂記』椌楬《注》謂柷敔也。椌謂柷、楬謂敔。柷形如桼桶。敔狀如伏虎。不得併二爲一。《木部》椌云柷樂也。下不云敔樂者、敔取義於遏。楬爲遏之假借耳。敔者所以止樂、故以敔名。上云禁也、巳包此物、無庸別舉。用此知凡言一曰者、或經淺人増竄。从攴吾聲。魚舉切。五部。

康煕字典

部・劃數
攴部・七劃

『廣韻』魚巨切『集韻』『韻會』偶舉切『正韻』偶許切、𠀤音語。『說文』禁也。一曰樂器、椌楬也、形如木虎。『爾雅・釋樂・註』敔如伏虎、背上有二十七鉏鋙、以木長尺櫟之。『釋名』敔、衙也。衙、止也、所以止樂也。『書・益稷』合止柷敔。『周禮・春官・小師』鼓鼗柷敔。

部・劃數
攴部・十劃

『正字通』籀文字。『石鼓文』其𢾵其叓。

集韻

四聲・韻・小韻
上聲・語第八・語
反切
偶舉切

『說文』禁也。一曰樂器、椌楬也、形如木虎。

或作梧。

音訓・用義

ギョ(漢) ゴ(呉) 〈『廣韻・上聲・語・語』魚巨切〉[yǔ]{jyu5}

白川は「まもる」と訓ずる。

KO字源は字義を「いましむ」「とどむ」とする。

藤堂は樂器の意のみを示す。

樂器の名。音樂を止めるときの合圖に用ゐる。音樂を始めるときの合圖に用ゐるのは柷。

解字

白川

の會意。吾は祝禱を收めた器の上に、五の形の大きな蓋を置いて、その呪能を守る意。これに攴を加へて、その呪能を刺戟することを示す。

『説文解字』に禁なりとし、吾聲とするが、吾がその初文。

まもることを扞敔といひ、金文の《毛公鼎》に王の身を干吾せよのやうにいふ。

『説文解字』にまた一に曰く、樂器、椌楬なりとあり、柷敔、柷圉と呼ばれるもので、虎形の器の上に鑿齒狀の刻みを入れ、それをささらで撫でて音を出す。素朴な樂器。神事に用ゐた。

藤堂

(動詞の記號)と音符の會意兼形聲。吾は、と音符から成り、談話が×形に交叉すること。の原字。敔は、ごつごつと交互に上下すること。

落合

金文にはに守ることを意味する用法が見え、その義では衙や敔が繁文。

漢字多功能字庫

金文はに從ひ聲。攴は手に棍棒を持つ形。古くは敔とは同詞異形で、扞禦、防禦を表す。

《段注》敔爲禁禦本字、禦行而敔廢矣。『一切經音義』禦、古文敔同。

早期金文では敔の從ふは二つのの重なる形に作り、後期になつてを加へた。

金文では扞禦を表す敔を吾に作る。毛公鼎以乃族干(扞)吾(敔)王身

敔は金文では多く人名に用ゐる。敔簋敔乍(作)寶簋。

屬性

U+6554
JIS: 2-13-67
JIS X 0212: 33-47
𢾵
U+22FB5