爭 - 漢字私註

説文解字

爭
引也。从𠬪𠂆臣鉉等曰「𠂆、音曳。𠬪、二手也。而曳之、爭之道也。」側莖切。
𠬪部

説文解字注

爭
引也。凡言爭者、皆謂引之使歸於己。从𠬪𠂆。從𠬪猶從手。𠂆余制切。抴也。抴、引也。側莖切。十二部。

康煕字典

部・劃數
爪部・四劃
古文
𠫩
𠄙

『唐韻』側莖切『集韻』甾耕切、𠀤音箏。『說文』引也。从𠬪𠂆。《徐鉉曰》𠂆音曳。𠬪二手而曳之、爭之道也。『廣韻』競也。『書・大禹謨』汝惟不矜、天下莫與汝爭能。汝惟不伐、天下莫與汝爭功。

又『玉篇』諫也。

又訟也。『增韻』理也、辨也。『禮・曲禮』分爭辨訟、非禮不決。

又姓。『正字通』印藪有爭不識、爭同。

又『集韻』側逬切、箏去聲。義同。

又『廣韻』本作、諫諍也、止也。『孝經・諫諍章』天子有爭臣七人。『韻會』俗作、非。

部・劃數
亅部七劃

『玉篇』古文字。註詳爪部四畫。

部・劃數
厶部六劃

『集韻』古作𠫩。註詳爪部四畫。

異體字

簡体字。

いはゆる新字体。

音訓

(1) サウ(漢) 〈『廣韻・下平聲・耕・爭』側莖切〉[zhēng]{zang1/zaang1}
(2) サウ(漢) [zhèng]
(1) あらそふ。いかでか。
(2) いさめる

音義(2)はとの通用による。

解字

白川

會意。杖形のものを兩端より相いて爭ふ形。

『説文解字』に引くなりとし、字形を𠬪(兩手)と𠂆とに從ふとするが、兩手の間にあるものは杖形の棒。

爰と相近く、爰は援引の意、爭は相爭ふことをいふ。

藤堂

(手)と一印と手の形の會意。ある物を兩者が手で引つ張り合ふさまを示す。↕型に引つ張り合ふの意を含む。

落合

會意。二で物を爭奪してゐる形。物體は曲線で抽象的に表現されてゐる。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. 貞人名(賓組)。《合補》100甲午卜爭貞、貯其有禍。
  2. 祭祀名。《甲骨綴合集》517甲午卜、爭于河。

字形は金文で上部の又がに、物體が耜の象形のに變へられ、更に篆文で力がになつた。

甲骨文では原義で用ゐられてゐないため、金文とは連續しない別字とする説もある。

漢字多功能字庫

甲骨文は二に從ひ、犁で耕す形に象る(劉洪濤)。あるいは耦耕の形に象る(賈文)。二又の摑むものの下部は三角形を呈し、農耕用の犁に象る。又は手の形に象る。爭は二つの手(二人を代表する)で一つの犁の刃を引き摺り耕作をする樣子に象る。本來は耕作を表すが、假借して爭奪の爭となし、耕作の本義は既に廢された。

陸懋德は『中國發現之上古銅犁考』に耜是犁頭、而最初的牽用人拉。……二人同時工作、一人在後扶犁、一人在前拉犁、如此二人並耦、是謂之耦也。と述べる。

卜辭では、爭は第一期(武丁代)の貞人で、また史官。

金文に爭字はなく、ただ偏旁に用ゐる。字の從ふ爭は二又とに從ひ、力は農具の形で、犁の初文と義符として通用する。

『説文解字』引也。段注凡言爭者、皆謂引之使歸於己。徐灝箋爭之本義為兩手爭一物。

屬性

U+722D
JIS: 1-64-7
人名用漢字
𠄙
U+20119
𠫩
U+20AE9
U+4E89
JIS: 1-33-72
當用漢字・常用漢字

關聯字

爭に從ふ字を漢字私註部別一覽・爪部・爭枝に蒐める。