彧 - 漢字私註

説文解字

㦽
有文章也。从𡿿聲。
有部

説文解字注

㦽
有彣彰也。彣彰各本作文章。誤。今正。彣下曰、𢒰也。是其轉注也。𢒰古多叚彧字爲之。彧者𡿿之隸變。今本『論語〔八佾〕』郁郁乎文哉、古多作彧彧。是以荀彧字文若。『宋書』王彧字景文。『大戴公冠篇』遵並大道邠或。邠或卽彬彧。謂彬彬彧彧也。『〔詩〕小雅〔信南山〕』黍稷彧彧。《傳》云、彧彧、茂盛皃。卽有彣彰之義之引伸也。从有𡿿聲。於六切。古音在一部。讀如域。

康煕字典

部・劃數
彡部・七劃

『廣韻』於六切『集韻』『韻會』『正韻』乙六切、𠀤音郁。『廣韻』有文章也。『廣雅』文也。

又『玉篇』彧彧、茂盛貌。

又叶越逼切、音役。『詩・小雅』疆埸翼翼、黍稷彧彧。曾孫之穡、以爲酒食。

『玉篇』一作𢒖

部・劃數
彡部・八劃

『玉篇』同

部・劃數
戈部十三劃

『集韻』乙六切、音郁。『說文』有文、章也。从有𡿿聲。或作。通作郁。

部・劃數
彡部・十三劃

『廣韻』同。『集韻』作

音訓・用義

ヰク(漢) ヲク(呉) 〈『廣韻・入聲・屋・郁』於六切〉[yù]{juk1}
あや

彧彧とは盛んに茂る意。

解字

白川

正字は𢒰に作り、彧聲。

詩・小雅・信南山』に黍稷彧彧(黍稷彧彧たり)とあり、穀物の實るさまをいふ。は穆の從ふところと同じく、穆も穀物の實るさまをいふ。

もと「黍稷彧彧」のやうに用ゐる字。のち文物の美をいふ。

𢒰

形聲。聲符は彧。彧がその初文。のち𢒰となり、郁となる。

『説文解字』に有部に屬し、文章有るなり。有に從ひ、𡿿聲。とするが、𡿿(彧)は戈に呪飾を施した形。𢒰はその繁文と見るべき字で、がその聲となる。

ゆゑに、字をまた郁に作る。『論語・八佾周監於二代、郁郁乎文哉。(周は二代にかんがみて,郁郁乎として文なるかな。)の郁を、《汗簡》に載せる『古論語』に𢒰に作る。

彧、𢒰、郁は三字みな同じく、古今の字。

藤堂

(模樣)と音符の會意兼形聲。或は區切りとの會意で、地域を區切つて守ること。彧は、一齣ごとに枠がついて、全體として模樣をなすこと。

𢒰

(ある)と音符彧(模樣が美しい)の會意兼形聲。

屬性

U+5F67
JIS: 1-84-30
𢒖
U+22496
U+39BD
𢒰
U+224B0

關聯字

ウェブ上の資料には異體字に擧げるものもあるが、『康煕字典』は不同と按ずる。彧と異なる音義があるので別條で扱ふ豫定。