少 - 漢字私註

説文解字

少
不多也。从丿聲。
小部

康煕字典

部・劃數
小部(一劃)

『唐韻』書沼切『韻會』始紹切、𠀤燒上聲。『說文』不多也。从小丿聲。《徐曰》丿音夭。『禮・禮器』禮有以少爲貴者、謂天子一食、諸侯再、大夫士三、食力無數是也。食力、庶人也。

又少頃、有閒也。『孟子』少則洋洋焉。

又短也。訾人曰少之、猶稱人曰多之也。『史記・蘇秦傳』素習知蘇秦皆少之。

又『廣韻』式照切『韻會』『正韻』失照切、𠀤燒去聲。『玉篇』幼也。『增韻』老之對也。『易・本義』兩儀者始、爲一畫、以分隂陽。四象者次、爲二畫、以分太少。

又少儀。『禮記』篇名。少室、山名。

又副貳也。『前漢・賈誼傳』於是爲置三少、皆上大夫也。曰少保、少傅、少師。《註》副三公者。

又姓。漢下邽令少年唯。

又叶書久切、音守。『歐陽修・杜祁公墓銘』君子豈弟、民之父母。公雖百齡、人以爲少。母音畝。

又『正字通』入宥韻。『歐陽修・蔡君山墓銘』父不哭子、老不哭少。嗟夫君山、而不得壽。○按今文少作幼。『正字通』古小少同。加丿、轉注。

音訓・用義

(1) セウ(漢、呉) 〈『廣韻・上聲・小・少』書沼切〉
(2) セウ(漢、呉) 〈『廣韻・去聲・𥬇・少』失照切〉
(1) すくない。すこし。かく(缺少)。しばらく(少頃、少憩、少間)。
(2) わかい(少年)

添へ役(副貳)の少は音(2)に讀む。太師、太傅、太保に對する少師、少傅、少保。

解字

白川

象形。小さな貝や玉を綴つた形に象る。

『説文解字』に多からざるなりとし、字を丿聲とするが、聲が合はない。

貝や玉を綴つたものを𧴪といふ。

藤堂

(小さく削る)と丿印(削ぎ取る)の會意。削つて減らすこと。

後、數や分量が滿ち足りぬ意に用ひ、年齡の滿ち足りぬのを少年といふ。

落合

甲骨文のの異體に四點の形があり、少の元となつてゐるが、甲骨文の段階では必ずしも嚴密な區分はない。

漢字多功能字庫

甲骨文は四小點の形に作る。、少は古くは一字で、後に三小點で小を表し、四小點で少を表す。金文は小と丿に從ひ、底下の小點を一撇に伸ばす。

甲骨文では小と用法は同じで、微小を表す。

金文での用義は次のとほり。

屬性

U+5C11
JIS: 1-30-15
當用漢字・常用漢字

關聯字

少に從ふ字

少聲の字