鉗 - 漢字私註

説文解字

以𨮯有所劫束也。从聲。
十四金部

康煕字典

部・劃數
金部五劃

『唐韻』巨淹切『集韻』『韻會』其淹切、𠀤音箝。『說文』以鐵有所刼束也。从金甘聲。『前漢・高帝紀』自髠鉗爲王家奴。《註》鉗、以鐵束頸也。『後漢・光武紀』弛解鉗衣。《註》倉頡篇曰、鉗、釱也。釱足鉗。又『五行志』廣漢鉗子謀攻牢。『師古註』鉗子、謂鉗徒也。『晉律』鉗重二斤、翹長一尺五寸。『集韻』或作

又銸也。『後漢・梁冀傳』妻孫壽、性鉗忌。《註》鉗、取也。言性忌害如鉗之能銸物也。

又『揚子・方言』惡也。南楚、凡人殘罵謂之鉗。

又『家語』無取鉗鉗。《註》鉗鉗、妄行不誠也。

又『呂氏春秋』後時者、小莖而麻長、短穗而厚糠小米、鉗而不香。

又澤名。『張衡・南都賦』其陂澤則有鉗盧玉池。

又姓。『正字通』唐元和中長令鉗耳。

又與拑通。『後漢・袁紹傳』道路以目、百辟鉗口。《註》以木銜其口也。或作拑。渠廉反。

又『集韻』其嚴切、音黔。義同。

又『集韻』五甘切、音玵。刃也。

異體字

簡体字。

音訓

カン(慣) ケム(漢)
くびかせ。かなばさみ。

解字

白川

形聲。聲符は。説文解字に鐵を以て劫束する所有るなりとあり、首枷をいふ。甘はその枷を施してゐる形。甘、箝、嵌、鉗はみなその聲義を承ける。

藤堂

會意兼形聲。に從ひ、甘亦聲。甘は、口の中に物を含んださまを示す會意字。鉗は、金屬の枠で挾んで物を閉ぢ込めること。

漢字多功能字庫

に從ひ、聲。本義は頸部に嵌める鐵の圈、首枷、古代の刑具の一種。『舊唐書・刑法志』又繫囚之具、有枷、杻、鉗、鎖、皆有長短廣狹之制。

また鐵の圈を首に嵌める刑罰を表す。『史記・季布欒布列傳』迺髡鉗季布、衣褐衣、置廣柳車中。

また強迫を表す。『淮南子・精神』鉗陰陽之和、而迫性命之情、故終身為悲人。

また鉗持、緘禁を表す。(補註: 箝口の意か。) 『莊子・田子方』吾形解而不欲動、口鉗而不欲言。

また夾取(摑む、挾む、抓むの意か)を指す。『漢書・江充傳』燒鐵鉗灼、強服之。顏師古注以燒鐵或鉗之、或灼之。鉗、鑷也。

また物を挾む道具を指す。唐・柳宗元〈乞巧文〉膠加鉗夾、誓死無遷。

屬性

U+9257
JIS: 1-78-73
U+94B3