冒 - 漢字私註

説文解字

冒
冡而前也。从莫報切。
冃部
𠕬
古文冒。

説文解字注

冒
冡而前也。冡者、覆也。引伸之有所干犯而不顧亦曰冒。如假冒、如冒白刃、如貪冒、是也。『〔詩〕邶風〔日月〕』下土是冒。《傳》曰、冒、覆也。此假冒爲冃也。从冃目。會意。冃目者、若無所見也。冃亦聲。目報切。古音在三部。
𠕬
古文冒。汗𥳑同。

康煕字典

部・劃數
冂部・七劃
古文
𡈘
𡇾

『唐韻』莫到切『集韻』『韻會』『正韻』莫報切、𠀤音耄。『說文』蒙而前也。从冃目、以物自蒙而前也。謂貪冒若目無所見也。『前漢・翟方進傳』冒濁苟容。《註》師古曰、貪蔽也。『食貨志』舉陵夷廉恥相冒。《註》冒、蔽也。

又假稱曰冒。『前漢・衞靑傳』冒姓衞氏。《註》冒爲假稱、若人首之有覆冒也。

又所以覆其首。『前漢・雋不疑傳』著黃冒。

又『玉篇』覆也、食巾也。

又與媢通。『正韻』忌也。『書・秦誓』冒嫉以惡之。

又通作瑁。『周禮・春官』天子執冒四寸、以朝諸侯。《註》名玉。曰冒者、言德能覆天下也。

又『集韻』『韻會』『正韻』𠀤密北切、音黙。『增韻』貪也。『左傳・昭三十一年』貪冒之民。

又犯也。『前漢・衞靑傳』直冒漢圍。

又單于名。『史記・匈奴傳』及冒頓立、攻破月氏。

又『集韻』『正韻』𠀤莫佩切、音妹。『前漢・司馬相如傳』毒冒鼈黿。《註》毒音代、冒音妹。『韻會』龜屬。身似龜、首尾如鸚鵡、甲有文。

部・劃數
冂部・六劃

『篇海』俗字。

部・劃數
囗部・九劃

『字彙補』古文字。註詳冂部七畫。

部・劃數
囗部・十一劃

『集韻』古作𡈘。註詳冂部七畫。

異體字

或體。

音訓・用義

⦅一⦆

反切
廣韻・去聲』莫報切
官話
mào
粤語
mou6
日本語音
ボウ(漢)
モウ(呉)
おほふ
かぶる
をかす

藤堂は字音をボウとするが、白川、KO字源はバウとする。

⦅二⦆

反切
廣韻・入聲・德・墨』莫北切
官話
粤語
mak6
日本語音
ボク(漢)
冒頓は匈奴の單于の名。

解字

白川

の會意。冃は頭衣。目の上まで深く被る帽の形。

『説文解字』にかうむりてすすむなりと冒進の意を加へて説く。上に甲を戴いて、險を冒す意とするのであらう。

藤堂

と音符の會意兼形聲。冃は、二印(物)の上に冂型の覆ひを被せたことを示す。冒は、目を覆ひ隱すことを示す。

漢字多功能字庫

金文はに從ふ。冃は帽子の形に象り、目は目の形に象る。古人は往々にして頭部を代表するのに目を用ゐた。全字で頭に帽子を被る形に象る。本義は頭衣つまり帽子。金文では人名に用ゐる。戰國竹簡では冃を訛變しての形に作り、目をあるいは訛變してに作る。一説に自はの簡略形で、頭に帽子を戴くさまに象るといふ。

戰國竹簡での用義は次のとほり。

傳世文獻で冒を本義に用ゐた例は次のごとし。

後に、帽子、帽子を被る意の冒は意符のを加へて作つたで表され、冒は引伸義に用ゐられる。

古書でもまた冒を動詞となして帽子を被ることを表す例がある。

冒は、頭上に戴くことから引伸して、覆蓋(覆ひ被せること、覆ひ被せる物)、籠罩(覆ふ、包む)の意となる。『玉篇・冃部』冒、覆也。

帽子を被ることは帽子が頭頂を覆ふだけでなく、頭上に帽子を突く(突き上げる)ことでもあり、故に冒はまた引伸して頂著、冒著(ともに突く、冒すの意)の意となる。

冒は觸犯(法に觸れる、他の利益や尊嚴を犯す)、冒犯(法を犯す、禮に背く、機嫌を損ねる、怒らせる)を表す。

假冒、冒充(ともに僞る、騙る、なりすます意)を表す。

また貪婪を表す。

また、冒煙(煙が上る)、冒汗(汗が出る)など、外に向かつて透す、上に向かつて昇ることを表すが、後起の義である。

屬性

U+5192
JIS: 1-43-33
當用漢字・常用漢字
U+5190
JIS: 1-70-78
𡇾
U+211FE
𡈘
U+21218
𠕬
U+2056C

關聯字

冒に從ふ字を漢字私註部別一覽・冃部・冒枝に蒐める。