望 - 漢字私註

説文解字

𡈼部朢字條

朢

月滿與日相朢、以朝君也。从𡈼。𡈼、朝廷也。無放切。

𡈼部
𦣠

古文朢省。

説文解字注

朢

月滿也。此與望各字。望从朢省聲。今則望專行而朢廢矣。與日相望。以曡韵爲訓。原象曰、日兆月、而月乃有光。人自地視之。惟於朢得見其光之盈。朔則日之兆月、其光嚮日下。民不可得見。餘以側見而闕。佀朝君。似各本譌以。今正。『韵會』作月望日。如臣朝君於廷。此釋从臣、从壬之意也。

从月从臣从𡈼。合三字會意。不入《月部》者、古文以从臣𡈼見尊君之義。故箸之。無放切。十部。𡈼、朝廷也。說此𡈼爲之叚借字。與𡈼本義別。

𦣠

古文朢省。『大玄』𧭅作⿰言𦣠。亦古文也。

亡部望字條

望

出亡在外、望其還也。从、朢省聲。巫放切。

十二亡部

説文解字注

望

出亡在外。望其還也。還者、復也。本義。引申之爲令聞令望之望。

从亡、朢省聲。按望以朢爲聲。朢以望爲義。其爲二字較然也。而今多亂之。巫放切。十部。亦平聲。

康煕字典

部・劃數
月部・七劃
古文
𦣠

『唐韻』『正韻』巫放切『集韻』『韻會』無放切、𠀤音𧧄。『說文』出亡在外、望其還也。从亡、朢省聲。『釋名』望、惘也、視遠惘惘也。『詩・邶風』瞻望弗及。

又『詩・大雅』令聞令望。《疏》爲人所觀望。

又『孟子』望望然去之。《趙岐註》慚愧之貌也。《朱傳》去而不顧之貌。

又『博雅』覗也。『韻會』爲人所仰曰望。又責望。又怨望。

又祭名。『書・舜典』望于山川。《傳》皆一時望祭之。『公羊傳・僖三十一年』望者何、望祭也。

又『廣韻』『集韻』『韻會』武方切『正韻』無方切、𠀤音亡。義同。『詩・小雅』萬夫所望。『釋文』協韻音亡。

又『釋名』月滿之名也。月大十六日、小十五日。日在東、月在西、遙在望也。『易・小畜』月幾望。『左傳・桓三年疏』月體無光、待日照而光生、半照卽爲弦、全照乃成望。

『韻會』从𡈼、譌从王。『說文』日月之望作、瞻望之望作望。今通作望、而古文制字之義遂亡。

部・劃數
月部・十劃

『廣韻』『正韻』巫放切『集韻』『韻會』無放切、𠀤音𧧄。『說文』月滿與日相朢、以朝君也。从月从臣从𡈼。○按經典通作。詳望字註。

部・劃數
立部・七劃

『類篇』巫放切『篇海』音望。『說文』出亡在外、望其還也。『字彙』同

又『海篇』祭名。

又姓。『何氏姓苑』魏興人。又音亡。

部・劃數
臣部・四劃

『玉篇』古文字。註詳月部七畫。

音訓

バウ(漢) マウ(呉) 〈『廣韻・去聲・妄』巫放切〉[wàng]{mong6}
のぞむ。のぞみ。ねがふ。ほまれ。もち(望月)。

解字

初文は𡈼に從ひ𦣠に作る。

後にを加へて朢に作り、あるいは朔望の望を表す。

更に後に、臣を聲符のに替へ、望に作る。

白川

形聲。聲符は

卜文は、大きな目をあげて遠くを望み、挺立する人の形に象る。の初文が、大きな耳の下に挺立する人の形であるのと同じく、特定の行爲を示す字。朢の重文𦣠が卜文に見える望で、望の初文。眼の呪力によつて敵を壓服し、或は望氣を行ふ意の字であつた。卜辭に媚人三千をして、苦方を𦣠ましむることなからんかのやうに卜するものがあり、媚飾を加へた三千の巫女が、一齊に山西北方の異族である苦方に、その呪儀を行つた。

のち金文の字形にはを加へて月相の關係の字、朔望の望となり、また目の形(臣)が亡の形に書かれて形聲となる。

日月相望む異によつて月を加へ、朔望の望となり、望より一週の月相を既望といふ。

藤堂

望の原字は、(目の形)と人が伸び上がつて立つさまの會意字。望はそれにと聲符のを加へたもので、遠くの月を待ち望むさまを示す。無い物を求め、見えない所を見ようとする意を含む。

落合

甲骨文はと目を縱にしたから成り、と同樣に見ることを意味する會意字。土盛りの形のに乘つて遠くを望み見ることを表す字形が多い。人と土を合はせた形は𡈼に當たり、初文は𦣠の形。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. のぞむ。望み見る。偵察する。《合補》1781貞、勿呼望𢀛方。
  2. 地名。殷の支配地だが、第三期(康丁武乙代)に一時的に敵對してゐる。《合集》35661癸酉卜在望貞、王旬亡禍。
望乘
人名。第一期(武丁代)乃至一二間期(祖己代)。望の領主であらう。《合補》1885貞、王從望乘伐下危。
望洋
人名。第一期(武丁代)。望の領主であらう。出現時期から見て望乘の先代と思はれる。《天理大學附屬天理參考館 甲骨文字》156甲午卜爭貞、叀雀呼從望洋…戉。

西周代には滿月を意味する字となつたため、を加へて朢の形となつた。

更に篆文で臣を聲符のに換へた形聲の字體の望が出現した。

漢字多功能字庫

甲骨文は𡈼に從ふ(補註: 𦣠の形)。 臣は縱向きの目の形に象り、𡈼は土の上に挺立する人に象る。朢は土の上に立ち遠望するさまに象り、本義は高きに登り遠望すること。臣を人の上におき、目の形を縱に起こして、目の屆く限り遠くを望む動作を強調してゐる。あるいは人の下に(腳趾)を加へ、企の形につくる。卜辭では動詞に用ゐ、觀察、監視の義(派生義)を有す。朢はまた祭名、人名、地名、方國名に用ゐる。

早期金文は臣と𡈼に從ひ、甲骨文に同じ。本義は看望。銘文では人名のほか、借りて朔望となし、月相名、月の滿ちることを指す。故にを加へる。臣辰盉才五月既朢辛酉『釋名・釋天』望、月滿之名也。

またなどの形を加へるものがあり、あるいは臣をに變へるものがある。また臣に從はずを聲符に加へ、望字をつくる。望は朢の後起の字と見ることができる。望が行はれて朢が廢れた。古代文獻では朢は望字に同じ。《馬王堆帛書・老子乙本・德經》31行(鄰)國相朢。音が同じことから、金文では朢字を忘れる意のに借用する。

また、朢との甲骨文は形が近く、どちらも目が強調され、目が特に大きい人の形につくる。見は普通に視ることで、目は橫向き。朢は遠くを視ることで、目は縱向き。

金文はと月と𡈼に從ひ、亡は聲符。望と朢は一字の異體で、朢の本義は高きに登り遠くを望むこと。後に縱向きにした目を象るを聲符の亡に替へた。

金文では朢で月の滿ちることを表し、月の滿ち缺けで時間を記錄する。それゆゑに朢は月を意符とする。『説文解字』は、朢は滿月を表し、望は希望を表すとするが、二字は本來一字である。

に從ふのは𡈼の省。李孝定は曾て臣為豎目形、絕不可省、作字者任意為之耳、形聲之字、例屬後起、故知作「望」者必較「朢」為晚出。と言ふ。考へるに望字が初めて見えるのは西周中期以後の金文で、多く月相名に用ゐる。

屬性

U+671B
JIS: 1-43-30
當用漢字・常用漢字
U+FA93 (CJK互換漢字)
望︀
U+671B U+FE00
CJK COMPATIBILITY IDEOGRAPH-FA93
望󠄀
U+671B U+E0100
CID+3692
望󠄁
U+671B U+E0101
CID+14036
望󠄂
U+671B U+E0102
CID+14037
望󠄃
U+671B U+E0103
MJ013550
望󠄄
U+671B U+E0104
MJ013554
望󠄅
U+671B U+E0105
MJ013553
望󠄆
U+671B U+E0106
MJ013552
望󠄇
U+671B U+E0107
MJ013549
望󠄊
U+671B U+E010A
MJ013551
U+6722
JIS X 0212: 34-85
𥩿
U+25A7F
𦣠
U+268E0

関聯字

朢聲の字