加 - 漢字私註

説文解字

加

語相增加也。从古牙切。

十三力部

説文解字注

加

語相譄加也。譄各本作增。今正。增者、益也。義不與此同。譄下曰、加也。誣下曰、加也。此云語相譄加也。知譄誣加三字同義矣。誣人曰譄。亦曰加。故加从力。『論語〔公冶長〕』曰、我不欲人之加諸我也。吾亦欲無加諸人。馬融曰、加、陵也。袁宏曰、加、不得理之謂也。劉知幾『史通』曰、承其誣𡚶。重以加諸。韓愈『爭臣論』曰、吾聞君子不欲加諸人。而惡訐以爲直者。皆得加字本義。引申之、凡據其上曰加。故加巢卽架巢。

从力口。謂有力之口也。會意。古牙切。十七部。

康煕字典

部・劃數
力部三劃

『唐韻』古牙切『集韻』『韻會』『正韻』居牙切、𠀤音家。『說文』語相增加也。从力口。《徐曰》會意。『爾雅・釋詁』重也。《註》重𤴁也。『玉篇』益也。『論語』又何加焉。

又『廣韻』上也、陵也。『論語』吾亦欲無加諸人。《註》陵也。

又『增韻』施也、著也。『禮・冠義』醮於客位三加彌尊加有成也。

又『韻補』叶居何切、音哥。『東方朔・七諫』蓬艾親入御于牀第兮、馬蘭踸踔而日加。棄捐葯芷與杜衡兮、余奈世之不知芳何。

又叶居之切、音姬。『三略』柔有所設、剛有所施。弱有所用、彊有所加。

音訓義

カ(漢) ケ(呉)⦅一⦆
カ(推)⦅二⦆
カ(推)⦅三⦆
くはへる。くははる。くはふるに。ます。
官話
jiā⦅一⦆
粤語
gaa1⦅一⦆

⦅一⦆

反切
廣韻・下平聲』古牙切
集韻・平聲三麻第九麻韻 - 集韻私註』居牙切
『五音集韻・中平聲卷第四・麻第十七・見・二嘉』古牙切
聲母
見(牙音・全清)
等呼
官話
jiā
粤語
gaa1
日本語音
カ(漢)
ケ(呉)
くはへる
くははる
くはふるに
ます
くはへる。增す。足す。
施す。與へる。
ますます。その上。更に。

⦅二⦆

反切
廣韻・下平聲』丘加切
『五音集韻・中平聲卷第四・麻第十七・溪・二䶗』苦加切
聲母
溪(牙音・次清)
等呼
日本語音
カ(推)
膠加、戾也。王逸說。(『集韻』)

膠加は、汉典に據れば、jiāo jiāと讀み、乖戾(たがひもとる、ひねくれてゐる、ねぢけてゐる、天邪鬼である)、絡み合つてゐて絲口がない、の意。加の讀み方は⦅一⦆と同じ。

⦅三⦆

反切
集韻・去聲下・禡第四十・駕』居迓切
『五音集韻・去聲卷第十一・禡第十七・見・二駕』古訝切
聲母
見(牙音・全清)
等呼
日本語音
カ(推)
增也。(『集韻』)

解字

白川

の會意。力は耜の象形。口は祝禱を收める器の形。

『説文解字』に語、相ひ增加するなりと語を加へる意とするが、耜を清めて、その生産力の增加を祈る儀禮を示す字であらう。

鼓聲を加へた字はも力(耜)を清める儀禮で、その收穫を以て神を祀るとき、「籩豆靜嘉」といふ。

のちすべて、附加し、增加することをいふ。

藤堂

の會意。手に口を添へて勢ひを助ける意を示す。

漢字多功能字庫

金文はに從ふ。力は力は耒耜(農具)の形に象り、耕作に勤しむことを表す。口は力を出すときの叫び聲を表す(孫常敍)。本義は力を盡くすこと、勵むこと、勤しむこと。增加の意を派生する。

説文解字は言語で以て他人を誣衊(中傷)する意とする。

金文では人名に用ゐるほか、嘉美、表彰を表し、の用法に同じ。虢季子白盤王孔加(嘉)子白義は、王が子白を嘉美することを表す。

屬性

U+52A0
JIS: 1-18-35
當用漢字・常用漢字

関聯字

加に從ふ字を漢字私註部別一覽・力部・加枝に蒐める。