卯 - 漢字私註

説文解字

冒也。二月、萬物冒地而出。象開門之形。故二月爲天門。凡卯之屬皆从卯。
十四卯部
𩇨
古文卯。

康煕字典

部・劃數
卩部・三劃
古文
𩇨
𩇧
𤕰
𦕔

『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤莫飽切、音昴。『說文』冒也。二月、萬物冒地而出、象開門之形、故二月爲天門。《徐曰》二月、隂不能制、陽冒而出也。天門、萬物畢出也。

又『廣韻』辰名。『爾雅・釋天』歲在卯曰單閼。『晉書・樂志』卯、茂也、謂陽氣生而孳茂也。

『韻會』俗作、非。

部・劃數
戶部三劃

『說文』本字。與丣字上畫連者有別。丣音酉。『六書正譌』戼、闢戶也。从二戶、象門兩闢形。因聲借爲寅卯字、爲日出物生之象。

部・劃數
爿部四劃

『字彙補』古文字。註詳卩部三畫。

部・劃數
耳部五劃

『字彙補』古文字。註詳卩部三畫。

部・劃數
非部二劃

『玉篇』古文字。註詳卩部三畫。

部・劃數
非部二劃

『集韻』同𩇨

音訓

バウ(漢) 〈『廣韻・上聲・巧・卯』莫飽切〉
う。しげる。

解字

白川

象形。牲肉を兩分する形。卜辭に、祭祀に犧牲を割く意に用ゐてをり、劉殺の意。

『説文解字』に同聲の字を以て訓するが、その義の用例はない。

卜辭に「祖乙に羌十又(有)五をすすめ、[⿱冖羊]ひつじころし、一牛を侑めんか。」のやうにいひ、卯は牲肉を兩分した形。

十二支の名として「う(兔)」に用ゐる。

藤堂

指示。門を無理に押し開けて中に入り込むさまを示す。

(留の原字)は別字だが、のち字體は混同した。

落合

象形。犧牲を二つに切り開いたさまを表す。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. 祭祀名。犧牲を切り裂く儀禮。分卯ともいふ。《合集補編》10639丙寅貞、侑于[心㔾]、燎小[冖羊]卯牛一。
  2. 十二支の四番目。《合集補編》6837丁卯子貞、我人歸。
  3. 地名またはその長。《屯南》3418甲申貞、令卯往允壴師。

漢字多功能字庫

甲骨文、金文の構形に定論はない。卯と劉の古音は同じ幽部に屬し、卯は劉の假借字といふ。『爾雅・釋詁』劉、殺也卜辭では、卯字は動詞に用ゐ、牲畜を殺すことを指す。後に借りて十二支の第四となす。

吳其昌は雙刀の形に象るとする。孔廣居は、二戸が相背くさま、開門の形を象るとする。加藤常賢は鑣(轡、馬銜)の形を象るとする。白川靜は牲肉を二つに割くさまとする。林義光は兜鍪(頭盔)の鍪の本字とする。嚴一萍は窌の本字とし、地を掘つて埋蔵する意を表すといふ。按ずるに構形初義について意を滿たす説明はない。

甲骨文での用義は次のとほり。

金文では多く十二支に用ゐ、また人名に用ゐる。

屬性

U+536F
JIS: 1-17-12
人名用漢字
U+623C
𤕰
U+24570
𦕔
U+26554
𩇨
U+291E8
𩇧
U+291E7