馬 - 漢字私註

説文解字

馬
怒也。武也。象馬頭髦尾四足之形。凡馬之屬皆从馬。
馬部
𢒠
古文。
𢒧
篆文は重文第一と同形だが、複數のweb上の資料で𢒧を當ててゐる。
説文解字注に𢒗に作る。
籒文馬與𢒠同、有髦。
段注に說文各本籒文古文皆作𢒠。無別。據『玉篇』古文作𢒠、籒文作𢒗。といふ。

康煕字典

部・劃數
部首
古文
𢒠
𩡬
𢒗

『唐韻』『正韻』莫下切『集韻』『韻會』母下切、𠀤麻上聲。『說文』怒也、武也。象馬頭髦尾四足之形。『玉篇』黃帝臣相乗馬。馬、武獸也、怒也。『正韻』乗畜。生於午、稟火氣。火不能生木、故馬有肝無膽。膽、木之精氣也。木臓不足、故食其肝者死。『易・說卦傳』乾爲馬。《疏》乾象天、天行健、故爲馬。『春秋・說題辭』地精爲馬。『春秋・考异記』地生月精爲馬。月數十二、故馬十二月而生。『周禮・夏官・馬質』掌質馬、馬量三物、一曰戎馬二曰田馬三曰駑馬、皆有物賈。又『校人』掌王馬、辨六馬之屬。凡大祭祀、朝觐、會同、毛馬而頒之。凡軍事、物馬而頒之。註:毛馬齊其色。物馬齊其力。又『趣馬』掌贊正良馬。又『巫馬』掌養疾馬而乗治之、相醫而藥攻馬疾。又『廋人』掌十二閑之政敎以阜馬。『圉人』掌芻牧以役圉師。

又司馬、官名。『周禮・夏官・大司馬註』謂總武事也。又『淸夜錄』漢制、卿駟馬右騑。『前漢・東方朔傳』太守、駟馬駕車、一馬行春。『衞宏・輿服志』諸侯四馬、駙以一馬。『南史・柳元策傳』兄弟五人、𠀤爲太守。時人語曰、柳氏門庭、五馬逶迤。『正字通』故今太守稱五馬大夫。

又田野浮氣曰野馬。『莊子・逍遙遊』野馬也、塵埃也、生物之以息相吹也。《註》日光也。一曰遊絲水氣。

又陽馬。『何晏・景福殿賦』承以陽馬、接以圓方。《註》陽馬、屋四角引出承短椽者、連接或圓或方也。

又投壺勝算曰馬。『禮・投壺』爲勝者立馬、一馬從二馬、三馬旣立、請慶多馬。《註》立馬者、取算以爲馬、表其勝之數也。謂算爲馬者、馬爲威武之用、投壺及射、皆以習武也。

又『字彙補』打馬、彈碁類也。朱李易安有打馬圖。

又地名。馬陘、齊邑。馬陵、鄭地。𠀤見『左傳』。

又天馬、獸名。有翼能飛。

又竈馬、蟲名。『酉陽雜俎』狀似促織、好穴竈旁。今俗呼竈雞。

又馬勃、草名。『正字通』生濕地腐木上、一名馬疕。韓愈所云牛溲馬勃、兼收𠀤蓄是也。

又海馬、魚名。牙骨堅瑩、文理細如絲、可制爲器。

又姓。『姓苑』本伯益之後、趙奢封馬服君、遂氏焉。又司馬、巫馬、乗馬、皆複姓。『前漢・溝洫志』諫大夫乗馬延年。『孟康曰』乗馬、姓也。又『風俗通』有白馬氏。

又馬流。『兪益期曰』馬援立銅柱、岸北有遺兵、居壽冷岸、南對銅柱、悉姓馬、號曰馬流。『方隅勝略』謂馬人散處南海、謂之馬流。『韓愈詩』衙時龍戸集、上日馬人來。《註》卽馬流也。一作馬留。

又門名。『前漢・項籍傳註』宮垣內兵衞所在、四面皆有司馬、以主事、故總稱司馬門。又『公孫弘傳註』武帝時、相馬者東門京作銅馬法、立於魯般門外、更名金馬門。

又亭名。謝靈運爲永嘉太守、以五馬自隨、立五馬亭。又『集韻』滿補切、音姥。義同。

『前漢・石慶傳』馬字與尾當五。『師古曰』馬字、下曲者尾、幷四點爲足、凡五。

部・劃數
彡部九劃

『類篇』古文字。註詳部首。

部・劃數
馬部二劃

『字彙補』古字。『路史・國名記』趙奢封𩡬服君。

部・劃數
彡部八劃

『集韻』古作𢒗。註詳部首。

部・劃數
彡部十劃

『說文』籀文字。

異體字

簡体字。

音訓

バ(漢) マ(唐) メ(呉) 〈『廣韻・上聲・馬・馬』莫下切〉
うま。かずとり。

解字

白川

象形。卜文、金文の字形は、たてがみのある馬の形に象る。

説文解字に怒るなり。武なり。と馬と疊韻の語を以て解する。馬を陽物とし、音義説を以て解するものであるが、語義との關係はない。

左傳・襄六年』に、宋では司馬のことを司武と稱してをり、その古音が近かつたのであらう。

藤堂

象形。馬を描いたもの。古代支那で馬の最も大切な用途は戰車を引くことであつた。向かう見ずに突き進むの意を含む。

落合

馬を表現した象形字。甲骨文は、上部に頭、左に脚があり、下部には尾に毛が生えた狀態が表されてゐる。また右の三本の短線はたてがみ。

殷代には二頭立ての戰車が用ゐられてをり、甲骨文には派生義で軍事擔當者を意味する用法も見える。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. うま。《殷墟花園莊東地甲骨》60惟左馬其有[⿰土刀]。
  2. 職名。軍事擔當者。戰車に用ゐる馬からの派生義であらう。實際に馬を扱ふ人々かも知れない。《甲骨拼合集》325己丑卜賓貞、令多馬衞。
  3. 地名またはその長。殷に敵對して馬方と呼ばれてゐる例もある。《合集》6癸未卜賓貞、馬方其征。在沚。

甲骨文の要素としては、馬に関聯する字のほか、馬の名を表す字にも使はれてゐる。

漢字多功能字庫

甲骨文は馬の形に象り、字形の特徵は馬の頸の上にたてがみが有ること。早期金文の族氏徽號は非常に象形で、その後字形は段々と筆劃化され、ただ字形は依然として多く馬のたてがみを標示する。戰國文字はあるいは馬の胴を兩筆に省略し、頭部を省略しての形に作る。漢隸は省略の關係で、足の形があるいは一筆少ない。『史記・萬石張叔列傳第四十三』建為郎中令、書奏事、事下、建讀之、曰「誤書! 馬者、與尾當五、今乃四、不足一、上譴死矣!」甚惶恐。字形は《馬王堆・老子甲本》簡52を參照できる。

甲骨文での用義は次のとほり。

金文での用義は次のとほり。

戰國竹簡での用義は次のとほり。

屬性

U+99AC
JIS: 1-39-47
當用漢字・常用漢字
𢒠
U+224A0
𩡬
U+2986C
𢒗
U+22497
𢒧
U+224A7
U+9A6C

関聯字

馬に從ふ字

説文解字・馬部のほか、以下の字など。

馬聲の字