蔭 - 漢字私註

説文解字

蔭
あるいはに作る。
艸陰地。从聲。
艸部

康煕字典

部・劃數
艸部十一劃

『唐韻』『集韻』『韻會』𠀤於禁切、音廕。『說文』草隂地。『徐曰』草所庇也。『荀子・勸學篇』樹成蔭而衆鳥息焉。『呂氏春秋』松柏成而塗之人已蔭矣。

又日景也。『左傳・昭元年』趙孟視蔭。

又通。『左傳・文九年』本根無所庇廕。

又『韻會』通作。『詩・大雅』旣之隂女。又『左傳・文十七年』鹿死不擇音。《註》音同蔭。『杜云』所茠蔭之處。古字借用。

又『集韻』於金切、音隂。草木蔭翳也。『班固・西都賦』茂樹蔭蔚。

或作𦺼

部・劃數
广部十一劃

『廣韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤於禁切、陰去聲。『爾雅・釋言』庇庥、廕也。『戰國策』趙席隴畝、而廕庇桑陰。

『玉篇』亦作

部・劃數
艸部十二劃

『集韻』同

異體字

或體。

簡体字。

音訓

(1) イム(漢) オム(呉) 〈『廣韻・去聲・沁・蔭』於禁切〉
(2) イム(漢) 〈『集韻』於金切、音隂〉
(1) かげ。おほふ。かばふ。おかげ(蔭位)。たすけ。
(2) かげ

解字

白川

形聲。聲符は

説文解字に艸陰の地なりとあり、草陰をいふ。

また日景をいふ。

藤堂

と音符(日陰、暗い、中に籠もる)の會意兼形聲。

漢字多功能字庫

に從ひ聲。本義は樹蔭。

また陰に通じ、陰影を表す。

轉じて遮蓋(覆ふ、覆ひ隱すの意)を表す。

また庇護を表す。

また庇蔭を表し、封建時代に子孫が先代の官爵や勳功により封や賞を受けることを指す。

屬性

U+852D
JIS: 1-16-94
人名用漢字
U+5ED5
JIS X 0212: 28-55
𦺼
U+26EBC
U+4543
JIS: 2-86-78
U+836B