畾 - 漢字私註

康煕字典

部・劃數
田部十劃

『唐韻』魯回切『集韻』盧回切、𠀤音雷。田閒也。

又『集韻』魯水切、音壘。義同。

音訓

ライ ルイ

解字

白川

を金文に𤳳につくり、電光の放射する形で、もと象形字。

藤堂

の會意。田印三つを重ねて、同じ物が重なることを示す。

漢字多功能字庫

畾はの初文で、雷鳴と稻妻が交錯する形を象り、後にを加へて雷字がつくられた。金文は、四つの車輪と、曲がりくねる形に從ひ、曲がりくねる形はの變形したもの。申は稻妻を象り、古人は車輪の走る音をごろごろと雷の鳴る音に譬へた。

金文では假借して罍となし、水を入れる器の一種を表す。父乙罍乍父乙寶中尊畾(罍)。また人名に用ゐる。

屬性

U+757E
JIS: 2-81-34

関聯字

畾聲の字