趾 - 漢字私註

康煕字典

部・劃數
足部四劃

『廣韻』『集韻』『韻會』諸市切『正韻』諸氏切、𠀤音止。『爾雅・釋言』趾、足也。『釋名』趾、止也。言行一進一止也。『易・賁卦』賁其趾。『詩・豳風』四之日舉趾。『禮・曲禮』請袵何趾。

又『左傳・宣十一年』略基趾。《註》趾、城足也。

又『禮・王制』南方曰蠻、雕題交趾。『前漢・地理志』交趾郡、屬交州。

又通作。『前漢・𠛬法志』當斬左止者、笞五百。《註》師古曰、止足也。

音訓

シ(漢、呉)
あし。あしあと。あと。あしゆび。

解字

足を表すの繁文。

白川

形聲。聲符は。止はあしゆびの形で、趾の初文。

藤堂

と音符の會意兼形聲。止は足首を描いた象形字だが、のち、踏まへて止まる意に用ゐられたため、趾字がつくられて、足首を表した。

落合

足の意のの繁文。

屬性

U+8DBE
JIS: 1-76-70