卜 - 漢字私註

説文解字

卜
灼剥龜也、象灸龜之形。一曰象龜兆之從橫也。凡卜之屬皆从卜。
卜部
𠁡
古文卜。

康煕字典

部・劃數
部首
古文
𠁡

『廣韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤博木切、音樸。『說文』灼剝龜也。象炙龜之形。一曰象龜兆之縱橫也。『周禮・春官・大卜註』問龜曰卜。『禮・曲禮』龜爲卜、筴爲筮。『詩・大雅』考卜維王、宅是鎬京、維龜正之。『春秋・元命包』古司怪主卜。

又『爾雅・釋詁』卜、予也。《註》卜、賜予也。《疏》予卽與也。『詩・小雅』君曰卜爾、萬壽無疆。

又姓。『韻會』孔子弟子卜商。

部・劃數
丨部(一劃)

『玉篇』古文字。註詳部首。

音訓

ボク(慣)
ホク(漢、呉) 〈『廣韻・入聲・屋・卜』博木切〉
うらなふ。うらなひ。えらぶ。あたへる。

解字

白川

象形。獸骨や龜版をいて、その罅割れによつて吉凶を卜ふことをいふ。卜はその罅割れの形。

卜するとき、まづ縱長に鑽と呼ばれる穴を掘り、橫に圓形の穴を作つて、その部分を灼くと、鑽の部分には縱、灼いた部分には橫に走る線が、その表面に現はれる。その橫の線が卜兆、縱橫合はせて卜の形となる。殷墟小屯出土の大版には、百鑽前後にも卜迹を存するものがある。

本邦對馬に傳へられてゐる古法については、伴信友の『正卜考』に詳しい記述がある。

卜の音は、卜兆を生ずるとき、破裂する音を取るものであらう。

藤堂

象形。龜甲を燒いて占つた際、その表面に生じた割れ目の形を描いたもの。ポクッと急に割れる意を含む。

落合

象形。甲骨占卜の際に出現した卜兆の形に象る。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. 動詞。甲骨占卜を行ふこと。
  2. 名詞。甲骨占卜で出現した卜兆。
卜丙
殷代前期の王。合文で表記されることもある。(補註: 『史記』では外丙につくる。)

漢字多功能字庫

甲骨文、金文は、卜兆の縱橫の形を象り、本義は卜占に用ゐる龜甲獸骨の上に燒灼に因りて生まれる裂縫。龜甲に鑽孔し燒灼したる後出現する裂紋は多く卜字形を呈し、古人はそれを用ゐて吉凶を豫測した。卜の音はすなはち、龜甲の爆ぜ裂けるときの音。『周禮・大卜』鄭玄注問龜曰卜。

甲骨文では卜占を表す。《懷特》1622三卜、亡(無)禍は、三度卜占し、災禍はなし、の意。

金文でも卜占を表す。曶鼎令女(汝)更(賡)乃且(祖)考𤔲(司)卜事は、汝が汝の祖先の職務、卜占の主管の仕事を繼ぐことを命ず、の意。

戰國竹簡では卜占を表す。《清華簡一・金縢》簡1我亓(其)為王穆卜。は、我等は王のために謹んで卜占する、の意。

屬性

U+535C
JIS: 1-43-46
人名用漢字
𠁡
U+20061

関聯字

卜に從ふ字

卜聲の字