木 - 漢字私註

説文解字

木
冒也。冒地而生。東方之行。从、下象其根。凡木之屬皆从木。
木部

康煕字典

部・劃數
部首

『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤莫卜切、音沐。『說文』冒也。冒地而生、東方之行。从屮、下象其根。『徐鍇曰』屮者、木始申坼也、萬物皆始於微、故木从屮。『白虎通』木之爲言觸也。『玉篇』燧人氏鑽出火也。『書・洪範』五行、一曰水、二曰火、三曰木、四曰金、五曰土。『易・說卦傳』𢁉爲木。《疏》木可以揉曲直、卽𢁉順之謂也。『禮・月令』某日立春、盛德在木。《疏》春則爲生、天之生育、盛德在於木位。

又八音之一。『周禮・春官・太師』金石土革絲木匏竹。《註》木、柷敔也。

又質樸。『論語』剛毅木訥近仁。

又木彊、不和柔貌。『前漢・周勃傳』勃爲人木彊敦厚。

又析木、星次。『爾雅・釋天』析木謂之津。

又姓。『統譜』漢木仁、晉木華。又百濟八姓、一曰木氏。又複姓、端木。

又叶末各切、音莫。『馬融・廣成頌』隂慝害作、百卉畢落。林衡戒田、焚林柞木。

『韻會』从丨。丨、古本切。非从亅。亅、其月切。

音訓

ボク(漢) モク(呉) 〈『廣韻・入聲・屋・木』莫卜切〉

解字

白川

象形。枝のある木の形に象る。

説文解字におほふなり、『釋名・釋天』に木、冒也とあり、當時の音義説。説文解字字條にも冒ふなりとあり、いづれも字義に關しない説。

字は寧ろ朴の字義に近く、木訥、木強のやうに用ゐ、素材としての木をいふ。

植樹したものは樹といふ。

藤堂

象形。立ち木の形を描いたもの。上に葉や花を被つた木。

落合

立ち木の象形。上部が枝、下部が根を表す。

甲骨文の要素としては、具體的に木に關係する行爲を表す字のほか、樹木の一般像や材木の意にも使はれてゐる。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. 立ち木または木材。《懷特氏等所藏甲骨文集》1629乙亥卜、以來木。
  2. 地名またはその長。殷に敵対して木方と呼ばれる例もある。殷金文の圖象にも見える。《合集》7569貞、叀木令衞。
木月
神名。神格の詳細は不明。合文で表記されることもある。
  • 《合集》32216丁巳卜、于木月酒宜。
  • 《殷墟小屯中村南甲骨》459己亥卜、庚子、<木月>燎于門羊白豕。<木月>は木の上に月の合文。

漢字多功能字庫

甲骨文は樹木を象り、上は枝を、下は根を象る。説文解字の釋は聲訓。またには從はない。王筠『說文釋例』木下云从『屮』、非也。必从具義、乃可云从。屮與木上半形相似耳、以木从屮、於義何居。木固全體象形字也。木と屮は古文字の要素として互用される。

甲骨文での用義は次のとほり。

甲骨文の木と燎(尞)の省略形は相混ざる。

金文での用義は次のとほり。

沐の通假字となす。《馬王堆帛書・胎產書》第5行是故君公大人、毋使朱(侏)儒、不觀木(沐)侯(猴)。按ずるに「木侯」は「沐猴」(猿の類)のこと。『史記・項羽本紀』人言楚人沐猴而冠耳。『諸病源候論・妊娠候』不欲令見傴僂、侏儒、醜形惡人及猿猴之類。と帛書の句の意は近い。『法言・重黎』に沐猴を木猴につくる。

屬性

U+6728
JIS: 1-44-58
當用漢字・常用漢字

関聯字

木に從ふ字

説文解字・木部のほか、以下の字など。

木聲の字