覺書: Ubuntu 20.04 on WSL2 on Windows11 (R3.12.2〜)

前置き

うちのPCも購入から5年が過ぎて段々ともたつくやうになつてきたので、二臺目としてノートPCを購入した。當然あれこれの環境を構築せねば使ひ物にならないといふことで、WSL2導入の作業について行つたところを記錄するものである。

WSL2を入れる前のノートPCの狀態は、購入時にはWindows10が入つてゐたが、初立ち上げ時にWindows11への更新を促されたのでさくさく更新し、關係ない細々したアプリケーションをちらほら入れた、程度のさらの狀態、であつた。

インストール

Windows 11にWSL 2、WSLgをインストール | AsTechLogを參考に進めた。

  1. Windowsターミナルを管理者權限で起動
  2. 以下を實行
    • > wsl --list --online
    • > wsl --install -d Ubuntu-20.04
  3. 再起動を促されるのでWindowsを再起動
  4. 再起動すると自動的にインストールの續きが實行され、それが終はつたところでユーザ名とパスワードを設定する。

ターミナルエディタの設定

ConEmu

從前どほりConEmuを利用すべく、その設定をした。以前はレジストリエディタを起動してGUIDを調べる、みたいな手間があつたが、今回はそれは無し。ConEmuにWSL2のUbuntu用の設定があつたので、手直しをしたのみ。

aptのレポジトリ變更と更新

從前通り。

.bashrcの更新

alias rm='rm -i'を加へることを忘れずに。

SSHの設定

~/.ssh以下を既存環境から複寫しパーミッションを設定。

日本語化

從前通り。

apt install packages

以下、aptでinstallしたもの。

gitの設定

ユーザ名やメールアドレスやらをgit configで設定。

ウェブサイト管理環境(再)構築

從前通り(Dart Sassを含む)。

Ruby導入

覺書: install & manage Ruby on Ubuntu/WSL2 (R2.12.18〜)參照。

ファイルパーミッション

WSL2側から見たWindows側のファイルのパーミッションがをかしい場合は、以下を參照。