塙 - 漢字私註

説文解字

塙
堅不可拔也。从聲。苦角切。
十三土部

説文解字注

塙
堅不可拔也。堅者、剛土也。拔者、擢也。不可拔者、不可擢而起之也。『易・文言』曰、確乎其不可拔、潛龍也。虞翻曰、確、剛皃也。鄭曰、堅高之皃。按今『易』皆作。攷『釋文』曰、【說文】云高至。『𣪠辭』夫乾、確然示人易矣。『釋文』曰、【說文】云高至。皆不言『說文』作隺。是則陸所據『易』二皆作隺。而今本俗誤也。許意、隺訓高至、塙訓堅不可拔。『文言』字作隺而義从塙。『𣪠辭』乃義如其字。从土高聲。苦角切。古音在二部。今俗字作。乃字變耳。

康煕字典

部・劃數
土部・十劃

『廣韻』『集韻』𠀤克角切、音埆。土高也。一曰土堅不可拔也。

又『集韻』丘交切、音敲。磽也。墝𡒋𠀤同。

廣韻

四聲・韻・小韻
入聲・覺・㱿
反切
苦角切

髙也。

集韻

別條に揭出する。

四聲・韻・小韻
入聲・覺・㱿
反切
克角切

土髙也。

音訓

(1) カク(漢、呉) 〈『廣韻・入聲㱿』苦角切〉[què]{kok3}
(2) カウ 〈『集韻・平聲・爻・敲』丘交切〉
(1) かたい
(國訓) はなは

音(2)に讀んで、石が多く瘠せた土地を指す。

國訓の「はなは」は、山の小高く突き出た所を指す。

解字

白川

形聲。聲符は

『説文解字』に堅くして拔くべからざるなりとあり、剛土をいふ。

また土がやせ、石の多いことをいふ。

藤堂

と音符の會意兼形聲。高は、高い臺上の建物を描いた象形字。塙は、乾いた意と高い意を合はせ含む。

屬性

U+5859
JIS: 1-40-25
人名用漢字