洿 - 漢字私註

説文解字

洿
濁水不流也。一曰窳下也。从聲。哀都切。
十一水部

説文解字注

洿
濁水不流也。服虔注『左傳〔隱三年〕』云、水不流謂之汙。按卽洿之假借字。『孟子・梁惠王』作洿。『〔同〕滕文公』用汙。玄應引『說文』濁水不流池也。引『字林』濁水不流曰洿。宜有池爲長。一曰窊下也。本作。今改。从水夸聲。哀都切。五部。

康煕字典

部・劃數
水部・六劃

『唐韻』哀都切『集韻』『正韻』汪胡切、𠀤音烏。『說文』水濁不流也。一曰窊下。『孟子』數罟不入洿池。

又掘洿之也。『禮・檀弓』洿其宮而豬焉。

又『唐韻』侯古切『集韻』後五切、𠀤音戸。水深謂之洿。

又穢也。『左傳・文六年』趙盾爲政、治舊洿。

又漫也。『成公綏・嘯賦』大而不洿。

又洿染也。『前漢・王莽傳』以墨洿色其周垣。

又『集韻』荒故切、謼去聲。抒水也。

又『韻補』叶古禾切、音科。『楊方・合歡詩』爾根深且固、余根淺且洿。移植良無期、歎息將如何。

又叶胡故切、音互。『楚辭・天問』九州安錯、州谷何洿。

『正字通』洼溛窪𠀤通。

音訓

(1) ヲ(漢) 〈『廣韻・上平聲・模・烏』哀都切〉[wū]{wu1}
(2) コ(漢) 〈『廣韻・上聲』侯古切〉[hù]
(1) たまりみづ。くぼみ。ほる。
(2) ふかい
けがす。けがれる。

「けがす」「けがれる」の訓のついて、藤堂は音(1)に讀むとし、『康煕字典』、KO字源は音(2)に讀むとする。

漢語資料は官話wū、粤語wu1とそれぞれ一音をのみ示す。藤堂は音(2)の官話發音をhùとする。

解字

白川

形聲。聲符は。夸は把手のある大きな曲刀。これで削るので、くぼむ意がある。と聲義が近い。

『説文解字』に濁水流れざるなりまた一に曰く、くぼみてひくきなりと見える。

藤堂

と音符(くぼむ)の會意兼形聲。

屬性

洿
U+6D3F
JIS: 1-86-70
JIS X 0212: 39-28