戕 - 漢字私註

説文解字

戕
搶也。他國臣來弑君曰戕。从聲。士良切。
十二戈部

説文解字注

戕
槍也。者、歫也。歫謂相抵爲害。『〔詩〕小雅〔十月之交〕』曰予不戕。《傳》曰、戕、殘也。此戕之正義。下又稱左氏例、爲別一義。它國臣來弑君曰戕。春秋・宣十八年』邾人戕鄫子於鄫。《左氏傳》曰、凡自虐其君曰弑。《唐石經》作凡自內非自外曰戕。《賈注》邾使大夫往殘賊之。按『襄卅一年・左傳』曰、閽戕戴吳。閽、越俘也。戴吳、吳餘祭也。故亦曰戕。从戈爿聲。在良切。十部。

康煕字典

部・劃數
戈部・四劃

『廣韻』在良切『集韻』『韻會』『正韻』慈良切、𠀤音牆。『說文』槍也。『春秋・宣十八年』邾人戕鄫子于鄫。《左傳・杜註》戕者、卒暴之名。

又『集韻』財干切、音殘。義同。

又資良切、音將。戕𢦪、橛也。

又『廣韻』則郎切『集韻』兹郎切、𠀤音臧。『博雅』戕戙、𣏾也。

又戕牁、郡名。亦作牂。

又『集韻』慈盈切、音情。殺也。

音訓

シャウ(漢) 〈『廣韻・下平聲・陽・牆』在良切〉[qiāng]{coeng4}
ころす。そこなふ。

解字

白川

形聲。聲符は

『説文解字』に槍なり。它國の臣、來りて君を弑するを戕と曰ふ。とあり、槍で刺殺することをいふ。

左傳・宣十八年凡自虐其君曰弒、自外曰戕。(凡そ自ら君をころすを弒と曰ひ、外よりするを戕と曰ふ。)と見える。

戈矛の類で殺傷することをいふ。

藤堂

と音符の形聲。刃物で切り傷をつける意。

落合

武器のを意符、を聲符とする形聲字。後代には殺傷する意味で用ゐられてをり、甲骨文に記された祭祀儀禮も戈で犧牲を殺す意味であらう。寢臺に寢てゐる人を戈で刺す形の異體もある。

甲骨文での用法は、祭祀名か。《合集》35301…其遣戕。

漢字多功能字庫

甲骨文、金文は、に從ふ。爿はの初文で、戕の聲符。戈は武器で、用ゐて人を傷附ける。本義は殺害。『説文解字』戕、搶也。他國臣來弒君曰戕。段玉裁は搶を槍に改め、注して「槍者、歫也。歫謂相抵爲害。『小雅』曰子不戕。《傳》曰、戕、殘也。此戕之正義。といふ。段氏は、殘殺が戕の本義で、古書ではまた他國の臣が本國の君主を刺殺(あるいは暗殺の意)することを表すとする。

甲骨文では疑ふらくは殺害を表す。《合集》35301其遣戕は、人を遣つて刺殺することを表す。

金文では通假して壯となし、勇武強大を表す。配兒鉤鑃戕(壯)于[戎攻]。「戎攻」は古書に「戎工」に作り、軍事を指す。全句で軍事力が強く盛んの意。意味の近い言ひ方に「武于戎攻」がある。嘉賓鐘武于戎攻。壯が勇武を表す證とならう。

屬性

U+6215
JIS: 2-12-83
JIS X 0212: 31-9