虢 - 漢字私註

説文解字

虢
虎所攫畫明文也。从聲。
虎部

説文解字注

虢
虎所攫畫明文也。攫者㕚所扟也。畫者㕚所劃。故有明文也。虢字本義久廢、罕有用者。从虎寽。各本衍聲字。今正。寽在十五部。虢在五部。非聲也。《𠬪部》曰、寽、五指寽也。虎所攫畫。故从虎寽會意。今音古伯切。

康煕字典

部・劃數
虍部・九劃

『唐韻』『正韻』古伯切『集韻』郭獲切、𠀤音𧭣。『說文』虎所攫畫明文也。

又國名。『廣韻』周封虢仲于西虢、秦屬三川郡、唐武德中爲虢州。『左傳・隱元年』虢叔。《註》虢國、今滎陽縣。應劭曰、今虢亭是也。又『昭七年』齊侯次于虢。《註》虢、燕境。

又姓。『左傳』晉大夫虢射。『高誘・戰國策註』虢卽古郭氏。

『六書正譌』俗作⿰孚虎、非。

音訓・用義

クヮク(漢) 〈『廣韻・入聲・陌・虢』古伯切〉[guó]{gwik1}

國名に用ゐる。

虢國夫人は楊貴妃の姉の稱。

解字

白川

の會意。

『説文解字』に虎の攫畫する所の明文なりとするが、文義が明らかでなく、《段注》に虢字の本義久しく廢して、用ふるもの有ること罕なり。といふ。

金文の字形に據ると、虎皮を剝取して治める形。金文の賜與に「朱虢旂」の語が見え、旗桿に虎皮を捲いて飾つたものであらう。

字はまた鞟、鞹に作り、『論語・顏淵』に虎豹之鞟とあり、車軾(補註: 車の前部の橫木)の中央に卷く皮を鞹鞃といふ。

藤堂

(手)との會意で、虎が爪を立てて摑むことを示す。

漢字多功能字庫

甲骨文や早期金文はに從ひ、手に棍棒を持ち虎を擊つ、あるいは捕らへるの意。西周中期以後、金文は攴の上にの形を加へる。林義光、張日昇は、一手に虎を執り、一手に武器を持つて虎皮の毛を除去するさまに象り、鞹の初文、本義は皮革、とする。

金文での用義は次のとほり。

屬性

U+8662
JIS: 1-91-48
JIS X 0212: 58-34