君 - 漢字私註

説文解字

君
尊也。从。發號、故从
口部
𠱭
古文象君坐形。

説文解字注

君
尊也。此羊祥也、門聞也、戶護也、髮拔也之例。从尹口。尹、治也。口㠯發號。此依『韵會』。又補一口字。尹亦聲。舉云切。十三部。
𠱭
古文象君坐形。小徐本作[⿵禸口]。

康煕字典

部・劃數
口部四劃
古文
𠱩
𠱭

『唐韻』舉云切『集韻』『韻會』拘云切、𠀤音軍。『說文』尊也。从尹、發號、故从口。『白虎通』君者、羣也、羣下歸心也。『易・師卦』大君有命。『書・大禹謨』皇天眷命、奄有四海、爲天下君。

又凡有地者、皆曰君。『儀禮・子夏傳』君、至尊也。《註》天子、諸侯、及卿大夫有地者皆曰君。『晉語』三世仕家君之。

又夫人亦稱君。『詩・鄘風』我以爲君。《傳》君國小君。《箋》夫人對君稱小君。『論語』邦君之妻、邦人稱之曰君夫人。稱諸異邦曰寡小君、異邦人稱之亦曰君夫人。

又子稱父母曰君。『易・家人』家人有嚴君焉、父母之謂也。

又子孫稱先世皆曰君。『孔安國・尚書序』先君孔子、生于周末。

又兄稱弟曰君。『杜牧・爲弟墓誌』君諱顗。

又妾稱夫曰君。『禮・內則』君已食徹焉。《註》此謂士大夫之妾也。『儀禮・喪服』妾謂君。《註》妾謂夫爲君者、不得體之、加尊之也、雖士亦然。《疏》以妻得體之、得名爲夫、妾雖接見於夫、不得體敵、故加尊之、而名夫爲君。

又婦稱夫亦曰君。『古樂府』十七爲君婦。

又夫稱婦曰細君。『前漢・東方朔傳』歸遺細君、又何仁也。

又上稱下亦曰君。『史記・申屠嘉傳』上曰、君勿言吾私之。

又封號曰君。『史記・商君傳』秦封之於商十五邑、號爲商君。

又婦人封號亦曰君。『史記・外戚世家』尊皇太后母臧兒爲平原君。

又彼此通稱亦曰君。『史記・司馬穰苴傳』百姓之命、皆懸於君。君謂莊賈也。又『張儀傳』舍人曰、臣非知君、知君乃蘇君。

又隱士就聘者曰徵君。『後漢・逸民韓康傳』亭長以韓徵君當至。

又持節出使者曰使君。『後漢・𡨥恂傳』非敢脅使君。

又『諡法』慶賞𠛬威曰君、從之成羣曰君。

又君子、成德之稱。『易・乾卦』君子、終曰乾乾。『論語』不亦君子乎。《註》君子、成德之名。

又姓。『正字通』明有君助。

又叶姑員切、音涓。『劉向・烈女傳』引過推讓、宣王悟焉。夙夜崇道、爲中興君。

部・劃數
口部六劃

『集韻』古作𠱩。註詳四畫。

部・劃數
口部六劃

『字彙補』古文字。註詳四畫。

音訓

クン(漢、呉) 〈『廣韻・上平聲・文・君』舉云切〉[jūn]{gwan1}
きみ

解字

白川

の會意。尹は神杖を持つ聖職者。口は祝詞を收める器。巫祝の長をいふ字であつた。

『説文解字』に尊なりと訓じ尹に從ひ、號を發す。故に口に從ふ。とするが、口は祝禱を示す。

周の創業をたすけた召公は金文に「皇天尹大保」と呼ばれ、『書』では「君奭」とあつて、尹、君、保はみな聖職者としての稱號であつた。王公の夫人を古く「君氏」といふのも、かつて女巫が君長であつた名殘であらう。『左傳・襄十四年夫君、神之主也(れ君は神の主なり)とあり、君はもと神巫の稱であつた。

のち祭政の權を兼ねて君王の意となり、古い氏族時代には、その地域の統治者を里君といつた。

藤堂

と音符の會意兼形聲。尹は、手と丨印の會意字で、上下を調和する働きを表す。もと神と人の間を取り持つてをさめる聖職のこと。君は、尹に口を加へて號令する意を添へたもの。人々に號令して圓滿周到にをさめまとめる人をいふ。

落合

の甲骨文の異體字に、を加へる字形があり、後に君として分化したが、甲骨文の段階では尹と用法に區別がない。

漢字多功能字庫

に從ひ、尹亦聲。尹は手に杖を持つさまに象り、權を有す者や事を治める者を表す。卜辭では君と尹を互用する。『説文解字』が尊を以て君を訓ずるのは聲訓に屬す。また、『説文解字』では口を以て發令の意を表すとするが、甲骨文、周初金文では君と尹を互用し、口はあるいは飾筆。

甲骨文には「多君」の語がある。《合集》24132多君弗言。一説に「多尹」と讀み、「多臣」「多公」と義は同じで、殷の官職名となす。陳夢家は、「多君」は諸侯國の首領を指すとする。

金文での用義は次のとほり。

戰國文字での用義は次のとほり。

屬性

U+541B
JIS: 1-23-15
當用漢字・常用漢字
𠱩
U+20C69
𠱭
U+20C6D

關聯字

君聲の字