毛 - 漢字私註

説文解字

毛
眉髮之屬及獸毛也。象形。凡毛之屬皆从毛。
毛部

康煕字典

部・劃數
部首

『唐韻』莫袍切『集韻』『韻會』謨袍切、𠀤音旄。『說文』眉髮之屬、及獸毛也。『釋名』毛、貌也、冒也、在表所以別形貌、自覆冒也。『詩・小雅』不屬于毛。《註》毛者、體骨之餘氣末屬也。『周禮・秋官』『司儀』王燕、則諸侯毛。『鄭註』謂以須髮坐也。『齊語』班序顚毛、以爲民紀。《註》顚、頂也。毛、髮也。次列頂髮之白黑、使長幼有等。

又髮班白曰二毛。『禮・檀弓』古之征伐者、不獲二毛。

又獸爲毛蟲。『周禮・地官』以土會之灋、辨五地之物生。一曰山林、其動物宜毛物。《註》毛物、貂、狐、貒、貉之屬、縟毛者也。『禮・月令』孟秋之月、其蟲毛。又『樂記』羽者嫗伏、毛者孕鬻。『正義曰』羽、鳥也。毛、獸也。

又犧牲純色曰毛。『史記・三王世家』魯有白牡、騂剛之牲、羣公不毛。《註》何休曰、不毛、不純毛也。

又草也。『左傳・隱三年』㵎溪沼沚之毛。又『昭七年』食土之毛、誰非君臣。

又桑麻五穀之屬皆曰毛。『周禮・地官・載師』凡宅不毛者、有里布。《註》鄭司農云、謂不種桑麻也。『公羊傳・宣十二年』錫之不毛之地。《註》不毛者、磽确不生五穀。又『崔豹・古今注』地以名山爲輔、石爲之骨、川爲之脈、草木爲之毛。

又去毛曰毛。『詩・魯頌』毛炰胾羹。《註》毛炰、爛去其毛而炰之。

又柔毛、羊也。『禮・曲禮』羊曰柔毛。

又莎草曰地毛。見『廣雅』。又扻毛、鹽草也。見『雷斆・炮炙序』。

又『高麗方言』謂苧曰毛、苧布曰毛施背、見『雞林類事』。又閩南人謂毛曰膜。見『井觀瑣言』。又梵言欽跋羅、此云毛。顩缽羅、『西域記』云織細羊毛。褐賴縭、『西域記』云織野獸毛。

又國名。又姓。『左傳・僖二十四年』魯衞毛耼、文之昭也。『廣韻』周武王弟毛公、後以爲氏。本居鉅鹿、避讎滎陽。漢毛亨治『詩』、作訓詁傳以授從子萇、時稱亨爲大毛公、萇爲小毛公。

又竹名。『顧愷之・竹譜』南嶺有毛竹。『劉美之・續竹譜』毛竹、生武夷山。『李商隱詩』武夷洞裏毛生竹。

又與通。『儀禮・士喪禮』馬不齊髦。《註》今文髦爲毛。

亦作㲝。『周禮・天官・司裘註』中秋鳥獸㲝毨。

亦作旄。『史記・夏本紀』羽旄齒革。

又『集韻』莫報切、音帽。擇也。鄭康成說或从手作㧌。通作芼。

又蒙晡切、音模。『佩觿集』河朔謂無曰毛。『後漢・馮衍傳』饑者毛食。《註》太子賢曰、案『衍集』作無、今俗語猶然者、豈古語亦通乎。當讀如模。

『集韻』又作𦒷。

廣韻

卷・韻・小韻
下平聲・豪・毛
反切
莫袍切

『說文』曰、眉髮及獸毛也。

亦姓。本自周武王母弟毛公後以爲氏。本居鉅鹿避讎滎陽也。

莫袍切。一十。

卷・韻・小韻
去聲
反切
莫報切

毛鷹鷂鸇。

音訓・用義

⦅一⦆

反切
廣韻・下平聲・豪・毛』莫袍切
官話
máo
粤語
mou4
日本語音
モウ(呉)
ボウ(漢)
モ(慣)
けもの

⦅二⦆

反切
廣韻・去聲』莫報切
『康煕字典』引『集韻』莫報切 (音帽)
毛鷹鷂鸇。(『廣韻』)
擇也。(『康煕字典』引『集韻』)

解字

白川

象形。毛の形に象る。

『説文解字』に眉髮の屬、及び獸毛なりとあり、體毛をいふ。

また地表に生ずる草をもいひ、『左傳・隱三年』(上揭)㵎溪沼沚の毛は水草。これを取つて神饌とした。

不作の地を不毛といふ。

藤堂

象形。細い毛を描いたもので、細く小さい意を含む。

落合

長い毛髪や毛の生えた尻尾の象形。甲骨文では單獨の用例がない。

漢字多功能字庫

毛は人の毛髮や禽獸の羽毛に象る。

金文の毛は人獸の毛髮の形に象り、あるいは毛弔盤のやうに縱劃の下に點を加へて裝飾となす。戰國文字では、上博簡や包山楚簡などの字形のやうに、加點を延ばして短い橫劃となす。

金文での用義は次のとほり。

毛髮は多く細碎(小刻み、途切れ途切れ、ばらばら)であるから、毛字に細微の意を派生する。毛細管、毛毛雨(霧雨、小糠雨)など。

屬性

U+6BDB
JIS: 1-44-51
當用漢字・常用漢字

關聯字

毛に從ふ字を漢字私註部別一覽・毛部に蒐める。