妄 - 漢字私註

説文解字

妄
亂也。从聲。
十二女部

康煕字典

部・劃數
女部三劃

『廣韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤巫放切、音望。『說文』亂也。『增韻』誕也、罔也。『禮・儒行』今之命儒也妄。『易・卦名』上乾下震、无妄。『象』天下雷行、物與无妄。『程傳』動以天、故无妄。

又『圓覺經』認妄爲眞、雖眞亦妄。

又猶凡也。『前漢・李廣傳』諸妄校尉以下、材能不及中、以軍功侯者數十人。

又『集韻』武方切、音亡。無也。

廣韻

卷・韻・小韻
去聲
反切
巫放切音1

虚妄。

又亂也、誣也。

巫放切。六。

音訓義

マウ(呉) バウ(漢)⦅一⦆
バウ(推)⦅二⦆
官話
wàng⦅一⦆
粤語
mong5⦅一⦆
mong6⦅一⦆

⦅一⦆

反切
廣韻・去聲』巫放切廣韻1
集韻・去聲下漾第四十一』無放切
『五音集韻・去聲卷第十二・漾第一・微・三妄』巫放切
聲母
微(輕脣音・次濁)
等呼
官話
wàng
粤語
mong5(習讀)
mong6(罕讀)
日本語音
マウ(呉)
バウ(漢)

⦅二⦆

反切
集韻・平聲三・陽第十・亡』武方切
『五音集韻・下平聲卷第五・陽第一・微・三亡』武方切
聲母
微(輕脣音・次濁)
等呼
日本語音
バウ(推)
『集韻』無也。『禮〔儒行〕』「妄常以儒相詬病。」

解字

白川

形聲。聲符は

『説文解字』に亂るるなりとあり、妄誕の意。

金文の《毛公鼎》になんぢ敢て妄寧なることなかとあり、『書』に「荒寧」といふのと同義の語であらう。亡、はいづれも遺棄された屍體をいふ字。妄はその呪靈への恐れを含む語と思はれる。

藤堂

と音符の會意兼形聲。亡は、「ない」「暗い」などの意を含む。妄は、女性に心を惑はされ、我を忘れた振る舞ひをすることを示す。

漢字多功能字庫

金文はに從ひ、亡は亦聲符。亡は古くは多く「無の義を有し、疑ふらくは妄の本義は虛無、虛妄、失實。古代、女に從ふ字は多く貶す義を有す。

妄の本義は虛妄、事實根據のないこと。

虛無の義から派生して、無知をまた妄といひ、詳細な狀況を諒解せずして輕擧妄動する、勝手氣儘に行動する人を稱して妄といふ。『孟子・離婁下』此亦妄人也已矣趙岐注妄、妄作之人、無知者。

これより轉じて、法に依らず、不正を行ひ、亂暴を働くことをまた妄と稱す。徐灝『說文解字注箋』戴氏侗曰、妄者、行不正也。

ゆゑに、妄はまた胡亂(好い加減に、みだりに、勝手氣儘に、出鱈目に)、狂亂の意を有す。

輕重を分けずに話し、勝手氣儘に出鱈目を言ふことを「妄言」と稱す。『管子・至山數』不通於輕重謂之妄言。

じつくり考へず、後の結果を顧みない行爲を稱して妄擧といふ。『管子・版法解』為而不知所成、成而不知所用、用而不知所利害、謂之妄舉。

胡思亂想(妄想を逞しくする、あれこれ下らないことを考へる)を稱して妄想といふ。

佛教の術語で、煩惱に汚染された心を妄心、妄念と稱す。

迷惘(途方に暮れる)の心に發出する事物に對する執著を妄執と稱する(白川靜)。

金文では妄を讀んでとなし、荒廢を表す。毛公鼎女(汝)毋敢妄(荒)寧の「荒寧」は逸樂に耽ること。『詩・唐風・蟋蟀』好樂無荒。鄭玄箋荒、廢亂也。妄も荒も胡亂の意を有し、音義が近い。

出土竹簡、漢帛書ではしばしばを借りて妄となす。

屬性

U+5984
JIS: 1-44-49
常用漢字