卽 - 漢字私註

説文解字

卽
即食也。从聲。徐鍇曰、卽、就也。子力切。
皀部

説文解字注

卽
卽食也。卽當作。『周易〔頤・象傳〕』所謂節飲食也。節食者、檢制之使不過。故凡止於是之䛐謂之卽。凡見於經史言卽皆是也。『鄭風毛傳』曰、卽就也。从皀卪聲。此當云从卩皀、卩亦聲。其訓節食。故从卩皀。卩節古通也。今音子力切。古音在十二部。

康煕字典

部・劃數
卩部・七劃
古文

『唐韻』子力切『集韻』『韻會』『正韻』節力切、𠀤音稷。『說文』卽食也。一曰就也。《徐曰》卽猶就也。就食也。『前漢・高帝紀』使陸賈卽授璽綬。《註》師古曰、卽、就也。

又『玉篇』今也。

又『爾雅・釋詁』卽、尼也。《註》尼、近也。《疏》卽今相近也。

又『前漢・西南𡗝傳』卽以爲不毛之地、無用之民。《註》卽、猶若也。

又卽卽、充實也。『前漢・禮樂志・安世房中歌』磑磑卽卽、師象山則。《註》積實之盛、類于山也。

又通作。『前漢・王莽傳』應聲滌地、則時成創。《註》則時、猶卽時也。

又燭炬之燼曰卽。『管子・弟子職』右手執燭、左手正櫛。『檀弓』註櫛作卽。

又姓。『廣韻』風俗通有單父令卽費。又漢複姓、有卽墨成。

又『集韻』隷作。『玉篇』今作

部・劃數
卩部・五劃

『玉篇』今作即。

部・劃數
白部五劃

『字彙補』古文字。註詳卩部七畫。

音訓

ソク(呉) ショク(漢) 〈『廣韻・入聲・職・即』子力切〉[jí]{zik1}
つく。ちかい。すなはち。ただちに。もし。

解字

白川

の會意。皀は𣪘の初文。𣪘は文獻に簋に作り、盛食の器。皀の上に蓋を加へると字となる。卩は人の跪坐する形。食膳の前に人が坐する形は卽、すなはち席に即く意。左右に人が坐するときは鄕、饗、嚮の初文。

《段注》に卩を節度、節食の意とするが、卩の聲義を取る字ではない。

すべてその位置に即き、その任に即くことをいふ。遲滯なくその後で行動するので、即時の意となる。

藤堂

(食べ物の形)と(跪く人)の會意。人が坐つて食物を盛つた食卓のそばにくつついたさまを示す。

のち副詞や接續詞に轉じ、口語では便、就の語に取つて代はられた。

落合

會意。甲骨文はたかつきに食物を盛つた形のまたはその略體と、人が坐つた形のに從ひ、祭祀儀禮の樣子を表してゐる。卩に替へてを用ゐた異體字などもある。「食事の席に即く」ことから「つく」の意にも用ゐられた。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. 祭祀儀禮の一種。
    • 《合補》10418癸巳貞、其侑、勺伐于伊、其卽。
    • 《甲骨拼合集》222辛未貞、今、令卽竝。
  2. つく。位置につく。接する。《殷墟小屯中村南甲骨》319癸酉卜、卽宗、[⿰奚戌]屯。
  3. 貞人名。
卽日
祭祀名。《屯南》2359丁亥卜、其求年于大示、卽日、此有雨。

漢字多功能字庫

甲骨文、金文はに從ふ。人が食器の前に跪き(卩)食に就く形に象り、本義は食事をすること。即も就も接近、靠近(近寄ること)の義を有する。『論語・子張』望之儼然、即之也溫邢昺疏就近之則顏色溫和。更に時間上の「立即」(直ちに、すぐに)の意を派生する。

卜辭での用義は次のとほり。

金文での用義は次のとほり。

戰國以後、簡帛文字では即をまた通じて次となす。《郭店簡・老子丙》簡1大上下智(知)又(有)之、其即(次)新(親)譽之、其既〈即〉(次)愄(畏)之、其即(次)[予人](侮)之。傳世本『老子』は即を次に作る。

即と次は文獻で音近く相通ず。聲符でも互換される。『説文解字』は垐字の古文を堲に作る。また皀と食は古文字の要素として多く通用し、ゆゑに信陽楚簡では即は食と卩に從ふ。

そのほか、即との古音は同じく精紐質韻に屬し、通用が見える。

屬性

U+537D
JIS: 1-14-81
人名用漢字
U+5373
JIS: 1-34-8
當用漢字・常用漢字
U+768D
JIS X 0212: 46-24

関聯字

卽聲の字