杙 - 漢字私註

説文解字

杙
劉、劉杙。从聲。
木部

康煕字典

部・劃數
木部三劃

『唐韻』與職切『集韻』『韻會』逸職切『正韻』夷益切、𠀤音弋。『說文』果名。『爾雅・釋木』劉、劉杙。《註》劉子生山中、實如棃、酢甜、核堅。出交趾。

又『爾雅・釋宮』樴謂之杙、橜也。『左傳・襄十七年』臧堅以杙抉其傷而死。

又所以格獸也。『莊子・人閒世』拱把而上、求狙猴之杙者斬之。

『韻會』『說文』橜杙字本作弋、果名作杙、今橜弋字作杙、而弋但爲弋獵字矣。

音訓

ヨク(漢) 〈『廣韻・入聲・職・弋』與職切〉
くひ

解字

白川

形聲。聲符は。弋は杙の形。

説文解字に劉劉なりとあり、『爾雅・釋木』にいふ劉杙、柘榴の一種で、南方交趾(現・越南北部)に産する。

また『爾雅・釋宮』に樴、謂之杙(樴、之を杙と謂ふ)とあり、樴は杙と聲義同じ。表木としててる杙を樴といふ。

藤堂

と音符の會意兼形聲。弋は上が二叉のくひ。

落合

くひの象形のを加へた字。古文に初出。

漢字多功能字庫

金文はに從ひ、人名に用ゐる。䧹侯簋䧹侯乍(作)生杙姜[阝尊](尊)簋。

小篆はに從ひ聲。説文解字は杙を木名とする。また『爾雅・釋木』に劉、劉杙。とあり、郭璞注に「劉子生山中、實如梨、酢甜、核堅、出交趾。」」といふ。

橛杙(木樁; 木のくひ)を表す杙の象形初文は弋につくり、後に多く杙に作る。杙は弋の後起字と見ることができて、弋に表意の偏旁の木を加へたもの。くひを表す杙と説文解字に錄する杙とを一字と見る必要はなく、同じ形であるだけの可能性もある(裘錫圭)。

くひを表す杙の例は次のとほり。

屬性

U+6759
JIS: 1-59-27