瓦 - 漢字私註

説文解字

瓦

土器已燒之總名。象形。凡瓦之屬皆从瓦。五寡切。

十二瓦部

説文解字注

瓦

土器巳燒之總名。《土部》下曰、一曰瓦未燒、互謂巳燒者也。凡土器未燒之素皆謂之坏、已燒皆謂之瓦。『毛詩〔小雅〕斯干・傳』曰、瓦、紡專也。此瓦中之一也。『古史攷』曰、夏時昆吾氏作瓦。按有虞氏上陶。瓦之不起於夏時可知也。許書《缶部〔匋字條〕》曰、古者昆吾作匋。壺系之昆吾圜器。韋昭云、昆吾、祝融之孫、陸終第二子、名黎、爲己姓、封於昆吾、衞是也。然則昆吾作匋、謂始封之昆吾。非夏桀之昆吾也。『廣韵』引『周書』神農作瓦器。當得其實。說詳《缶部》。凡燒瓦器之竈曰窯。

象形也。象卷曲之狀。五寡切。古音在十七部。讀如阿。

凡瓦之屬皆从瓦。

康煕字典

部・劃數
部首

『唐韻』『集韻』『正韻』𠀤五寡切、音邷。『說文』土器已燒之總名。『廣韻』古史考、夏時昆吾氏作瓦。『史記・龜箂傳』桀爲瓦室。《註》世本曰、昆吾作陶。張華【博物記】亦云、桀作瓦、蓋是昆吾爲桀作也。『史記・廉頗傳』秦軍鼓譟勒兵武安、屋瓦盡震。『正字通』後世瓦制不古、其類非一。漢武故事、起神屋以銅爲瓦、漆其外。又吳國傳、大秦國王宮殿水精爲瓦。又明皇雜錄、虢國夫人恩寵傾一時、奪韋嗣立宅、以廣其居。後復歸韋氏、因大風折屋、墜堂上、不損。視之、瓦皆堅木也。又王縉傳、五臺山祠鑄銅爲瓦、金塗之。

又『詩・小雅』載弄之瓦。《傳》瓦、紡塼也。

又『儀禮・燕禮』公尊瓦大兩。《註》大音泰。瓦大、有虞氏之尊也。

又『左傳・昭二十六年』射之中楯瓦。《註》瓦、楯脊。

又瓦合。『禮・儒行』毀方而瓦合。《註》呂氏曰、陶者爲瓦、必圓而割、分之則瓦、合之則圓、而不失其瓦之質。

又瓦解。『史記・匈奴傳』其困敗則瓦解雲散矣。

又人名。『左傳・昭二十三年』楚囊瓦爲令尹。《註》囊瓦、子囊之孫子常也。

又地名。『春秋・隱八年』宋公齊侯衞侯盟于瓦屋。《註》瓦屋、周地。又『定八年』公會晉師于瓦。《註》瓦衞地。『後漢・郡國志』東郡有瓦亭。

又『廣韻』五化切『集韻』吾化切、𠀤音迓。『廣韻』泥瓦屋。『集韻』施瓦於屋也。

又『集韻』『韻會』𠀤五委切、音頠。屋甃也。『莊子・騈拇篇』騈於辯者、纍瓦結䋲竄句。《註》瓦、五委反。當作丸。

又『韻補』叶阮古切、音五。『韓愈・元和聖德詩』皇帝儉勤、盥濯陶瓦。斥遣浮華、好此絺紵。

部・劃數
[kanji:kk:瓦|瓦部]]・二劃

『集韻』吾化切、蛙去聲。施瓦於屋也。『正韻』作𡧗

部・劃數
宀部・五劃

『玉篇』五化切、蛙去聲。泥𡧗屋也。

本作、俗作

音訓義

グヮ(漢) グヱ(呉)⦅一⦆
グヮ(漢) グヱ(呉)⦅二⦆
グヰ(推)⦅三⦆
かはら⦅一⦆
國訓
グラム⦅四⦆
官話
⦅一⦆
⦅二⦆
粤語
ngaa5⦅一⦆

⦅一⦆

反切
廣韻・上聲』五寡切
集韻・上聲下馬第三十五』五寡切
『五音集韻・上聲卷第八・馬第十七・疑・二瓦』五寡切
聲母
疑(牙音・次濁)
官話
粤語
ngaa5
日本語音
グヮ(漢)
グヱ(呉)
かはら
燒き物の總稱。
屋根瓦。
絲卷き。紡塼。
宋、元の都市の遊樂や貿易の場所。瓦子、瓦舍、瓦肆、あるいは瓦市とも稱す。
瓦特は、仕事率や電力の單位のワット(W)。またその元となつた人名。あるいは瓦に略す。

⦅二⦆

反切
廣韻・去聲』五化切
集韻・去聲下・『集韻・去聲下禡第四十』吾化切
『五音集韻・去聲卷第十一・禡第十七・疑・二瓦』五化切
聲母
疑(牙音・次濁)
官話
日本語音
グヮ(漢)
グヱ(呉)
屋根を瓦で葺くこと。

𤬦、𡧗は本音義に專用する。

⦅三⦆

反切
集韻・上聲上・紙第四・頠』五委切
『五音集韻・上聲卷第七・旨第四・疑・三硊』魚毁切
聲母
疑(牙音・次濁)
日本語音
グヰ(推)
屋甃也。(『集韻』)

⦅四⦆

國訓
グラム
質量の單位グラム。瓦蘭姆の略。

解字

白川

象形。屋根瓦の反りのある形に象る。

『説文解字』に土器の已に燒きたるものの總名なりとあり、土部字條一に曰く、瓦の未だ燒かざるもの。に對する語。

紡塼の類をもいふ。

藤堂

象形。半圓の筒型をした瓦を互ひ違ひに重ねた姿を描いたもの。

漢字多功能字庫

一に曰く、燒いた土器の形で、本義は土を燒いてつくつた器物といふ。一に曰く、鱗のやうに竝び續く形に象り、本義は屋根瓦といふ。

簡帛文字では土製の器物の義に用ゐる。

唐詩でもこの義に用ゐる。韓愈〈元和聖德詩〉皇帝勤儉、盥濯陶瓦、斥遣浮華、好此綈紵

古籍、簡帛文字、唐詩ではまた屋根瓦の義に用ゐる。

屋根瓦の意から、盾脊(背後、裏側の、瓦のやうなアーチ; 盾の中間の突起)、瓦狀などの義を派生する。宋、元の時、都市に遊樂、貿易の場所があり、「瓦市」(瓦舍)と稱し、「來るとき瓦合(烏合の衆の比喩)、去るとき瓦解、集まりやすく去りやすい」の義を取る(吳自牧『夢粱錄』)。(補註: 瓦市、瓦舍、あるいは瓦子、瓦肆とは、宋代に發達した娯樂施設、盛り場の謂ひ。)

屬性

U+74E6
JIS: 1-20-4
常用漢字(平成22年追加)
𤬦
U+24B26
𡧗
U+219D7

関聯字

瓦に從ふ字を漢字私註部別一覽・瓦部に蒐める。