手 - 漢字私註

説文解字

手
拳也。象形。凡手之屬皆从手。
十二手部
𠂿
古文手。

康煕字典

部・劃數
部首
古文
𠂿

『唐韻』書九切『集韻』『韻會』『正韻』始九切、𠀤音首。『釋名』手須也、事業所須也。『急就篇』捲捥節爪拇指手。『師古註』及掌謂之手。『易・說卦』艮爲手。《疏》艮旣爲止、手亦能止持其物、故爲手也。『禮・玉藻』手容恭。

又以手執器亦曰手。『禮・檀弓』王事也。子手弓而可。『公羊傳・莊十三年』曹子手劒而從之。

又『司馬相如・上林賦』手熊羆。《註》言手擊之。

又叶尸周切、音收。『焦氏・易林』邑姜叔子、天文在手。實沈參墟、封爲晉侯。

又叶賞呂切、音黍。『郭璞・神嘘贊』腳屬於頭、人面無手。厥號曰嘘、重黎所處。

又叶矧視切、音矢。『宋玉・笛賦』延長頸、奮玉手、摛朱脣、曜皓齒。

又『說文』拳也。『正字通』握手謂之拳。非手卽拳也。

部・劃數
丿部十劃

『玉篇』古文字。註詳部首。

音訓

シュ(呉) シウ(漢) 〈『廣韻・上聲・有・首』書九切〉
て。てづから。もつ。とる。てだて(手段)。

解字

白川

象形。手首から上、五本の指を記す。

『説文解字』に拳なりとするが、指を伸ばしてゐる形。

金文に「拜手𩒨(稽)首」のやうにいひ、ときに「拜手𩒨手」、「拜𩒨手」のやうに記すことがあるのは、手、が同聲であるからであらう。體の先端にあるものを首、腕の先端にあるものを手といふ。

藤堂

象形。五本の指のある手首を描いたもの。

外回りを圍んでその中に物を持つ意を含む。

漢字多功能字庫

手の甲骨文は一般ににつくり、ただ三指が見える。後に又を多く連詞に借用し、よつて別に手字をつくる。金文の手は多く五指が見え、五指から腕に至るまでの形を象る。手と(趾あるいは足)は漢字の最も重要な構成要素である。按ずるに手との形は近く、容易に混淆する。また、古文(𠂿)と戰國竹簡は近い。《上博竹書七・君人何必安哉甲本》簡9字形を參照のこと。

金文での用義は次のとほり。

戰國竹簡でも本義に用ゐる。

傳世文獻での用義は次のとほり。

また、手に持つて便利な細かいものを言ふのに手を用ゐる。「手折」、「手冊」など。『明史・齊泰傳』又問諸圖籍、出袖中手冊以進。

屬性

U+624B
JIS: 1-28-74
當用漢字・常用漢字
𠂿
U+200BF

関聯字

手に從ふ字

説文解字・手部』など。