虍 - 漢字私註

説文解字

虍
虎文也。象形。凡虍之屬皆从虍。
註に徐鍇曰、象其文章屈曲也。といふ。
虍部

説文解字注

虍
虎文也。象形。小徐曰、象其文章屈曲也。荒烏切。五部。凡虍之屬皆从虍。讀若『春秋傳』曰虍有餘。有譌字不可通。疑是賈余餘勇之賈。

康煕字典

部・劃數
部首
古文
𧇁

『唐韻』荒烏切、音呼。『字林』虎文也。『六書正譌』象其文章屈曲也。

又『通志・六書略』象虎而刳其肉其皮之形。『類篇』凡虍之類皆从虍。○按『說文』『玉篇』『類篇』等書、虍虎虤分作三部、今从『字彙』『正字通』倂入。

部・劃數
虍部八劃

『篇海』荒胡切、音呼。未見貌。『集韻』『類篇』𠀤古字。註見部首。

音訓

コ(漢) 〈『廣韻・上平聲・模・呼』荒烏切〉[hū]{fu1}

解字

白川

象形。虎頭の形に象る。用例はない。

虎身を加へるととなる。

藤堂

象形。虎の胴と足を略して頭部だけを描いたもの。

落合

虎の頭部の象形。

甲骨文には單獨字では地名としての用例しか見えない。と同一地かもしれない。《合集》10948勿于虍。

漢字多功能字庫

字は虎の頭の形に象り、虎口を強調してをり、本義は虎の頭。虍は字の省文で、甲骨文、金文は虎口を強調した虎頭の形に象る。聲符としても義符としても用ゐられる。

『説文解字』に虎文也。とするが本義と符合しない。また虎皮あるいは獸皮といふ説(徐中舒)もあるが、これも本義と合はない。

卜辭では地名に用ゐる。《乙》8013才(在)虍

屬性

U+864D
JIS: 1-24-55
𧇁
U+271C1

関聯字

虍に從ふ字を、漢字私註部別一覽・虎部・虍枝に蒐める。