窟 - 漢字私註

説文解字

『説文解字注』字條の註に俗字作窟。とある。

康煕字典

部・劃數
穴部八劃

『廣韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤苦骨切、音𡼿。『篇海』窟、室也、孔穴也。『禮・禮運』昔者先王未有宮室、冬則居營窟。『左傳・襄三十年』鄭伯有爲窟室、而夜飮酒。『史記・專諸傳』公子光伏甲士于窟室中。《註》謂掘地爲室。

又山名。『北史・鄭義傳』隱居滎陽三窟山。『水經注』唐述山謂之唐述窟。又西一里有時亮窟。

又月窟、月所生。

又『戰國策』蘇秦特窮巷掘門。《註》掘卽窟、古字通。

又叶丘月切、音闕。『謝靈運・辭祿賦』解龜紐于城邑、反褐衣于丘窟。頖人事于一朝、與世物乎長絕。

又叶區乙切、音乞。『蘇軾・石炭詩』君知欲斫姦邪窟、楚國何曾斬無極。

『六書音義』亦作𡻋𢷈

部・劃數
土部十三劃

『正字通』與𡒈同。

異體字

或體。

或體。

音訓

クツ(慣)
コツ(漢) 〈『廣韻・入聲・没・窟』苦骨切〉
いはや。あな。ほら(洞窟)。

解字

白川

形聲。聲符は。屈は獸尾を屈する形。その棲む所を窟といふ。

古くは窟を窟室に用ゐ、また墓室に用ゐることもあつた。

遊仙窟とは、遊里をいふ。

藤堂

と音符の會意兼形聲。屈は、(後ろの尻尾)と出の會意で、平面より後ろへ出る、つまり凹むこと。窟は、丸く凹んだ穴。

漢字多功能字庫

に從ひ聲。土室を表す。

また洞穴を表す。

また人や物の集まるところを指す。

また穴に棲むことを表す。

また穴を掘ることを指す。

屬性

U+7A9F
JIS: 1-23-2
常用漢字(平成22年追加)
𡑣
U+21463
𡻋
U+21ECB
𢷈
U+22DC8