巢 - 漢字私註

説文解字

巢
鳥在木上曰巢、在穴曰窠。从、象形。凡巢之屬皆从巢。
巢部

康煕字典

部・劃數
巛部八劃

『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤鋤交切、音鄛。『說文』鳥在木上曰巢、在穴曰窠。从木象形。『詩・召南』維鵲有巢、維鳩居之。『禮・禮運』先王未有宮室、冬則居營窟、夏則居檜巢。『古史考』許由夏常居巢、故號巢父。

又國名。『周書序』巢伯來朝。《傳》殷之諸侯。

又湖名。『括地志』廬州巢縣有巢湖。

又樂器。『爾雅・釋樂』大笙謂之巢。《疏》巢、高也。言其聲高也。

又車名。『左傳・成十六年』楚子登巢車以望晉軍。《註》巢車、車上爲櫓。

又姓。『廣韻』有巢氏之後。『史記・三皇紀』有巢氏、有天下者之號。

又菜名。『陸龜蒙詩序』蜀疏有兩巢、大巢卽豌豆之不實者、小巢生稻畦中。一曰野蠶豆。

又『廣韻』士稍切、音㑿。棧閣也。

又『集韻』莊交切、音𥊌。大笙也。

又『韻會』子小切『正韻』子了切、𠀤音勦。國名。

又叶牀魚切、音鋤。『崔駰・反都賦』大漢之初、雍土是居。京平之世、鴝鵒來巢。

又叶鋤尤切、音愁。『宋玉・高唐賦』王雎鸝黃、正冥楚鳩。姊歸思婦、垂雞高巢。

異體字

いはゆる新字体。

音訓

サウ(漢) 〈『廣韻・下平聲・肴・巢』鉏交切〉
す。すくふ。

解字

白川

象形。木の上の鳥の巢に、雛のゐる形に象る。

『説文解字』に鳥、木上に在るを巢と曰ふ。とあり、その穴中に在る者をといふ。

木上に人が棲むことを巢居といふ。

藤堂

巢の形(後に西と書く)との會意。高い木の上の鳥の巢のこと。高く浮いて見える意を含む。

漢字多功能字庫

甲骨文は甾とに從ひ、樹上に鳥の巢の在るさまに象る。殷虛甲骨文に單獨で使用される巢は見えず、ただ偏旁として用ゐる。周原甲骨に巢の字形が僅かに殘るが、殷虛甲骨の字形と相近い。金文の構形は甲骨文に同じく、甾の上三劃は少し折れ曲がり、後世の字形の元となつてゐる。本義は鳥の巢。

甲骨文では疑ふらくは方國名に用ゐる。周原甲骨H11:110征巢

金文では國名に用ゐる。䌛侯鼎䌛侯隻(獲)巢。

帛書では巢穴の義を表す。《馬王堆帛書・五十二病方》第261行未有巢者、煮一斗棗、一斗膏、以為四斗汁、置般(盤)中而居(踞)之、其蟲出。整理者注巢、當指瘻管、古人以為蟲巢。

傳世文獻での用義は次のとほり。

動詞となし、棲息を表す。

また築巢を表す。『左傳・昭公二十五年』有鸜鵒來巢。

遠古時代の傳説に、有巢氏が人々に樹上に木を組んで住處を作り、野獸の侵襲を避けることを教へたとされる。『韓非子・五蠹』上古之世、人民少而禽獸眾、人民不勝禽獸蟲蛇。有聖人作、搆木為巢以避群害、而民悅之、使王天下、號曰有巢氏。ゆゑに巢は先民が樹上に築いた居所を表し、轉じて粗末な住居を指す。

巢は古代の樂器の名で、巢笙を指す。『爾雅・釋樂』大笙謂之巢、小者謂之和。

また古國名や古地名に用ゐる。

後には敵人や盜賊の住處を表す。

屬性

U+5DE2
JIS: 1-84-8
人名用漢字
U+5DE3
JIS: 1-33-69
當用漢字・常用漢字

關聯字

巢聲の字