猛 - 漢字私註

説文解字

猛
健犬也。从聲。
犬部

康煕字典

部・劃數
犬部八劃
古文
𠩜

『唐韻』莫杏切『集韻』『韻會』『正韻』母梗切、𠀤音蜢。『說文』健犬也。

又猛氏、獸名。『司馬相如・上林賦』鋋猛氏。《註》郭璞曰、今蜀中有獸、狀如熊而毛淺、有光澤、名猛氏。

又『玉篇』健也。『廣韻』勇猛。『禮・郊特牲』虎豹之皮、示服猛也。

又『玉篇』嚴也。『左傳・昭二十年』惟有德者能以寬服民、其次莫如猛。

又『玉篇』惡也、害也。『禮・檀弓』苛政猛于虎。

又虎猛縣、屬西河郡。猛陵縣、屬蒼梧郡。皆見『前漢・地理志』。

又山名。『淮南子・地形訓』汝出猛山。

又姓。『廣韻』左傳晉大夫猛獲之後。

部・劃數
厂部七劃

『玉篇』古文字。註見犬部八畫。

音訓

マウ(漢) ミャウ(呉) 〈『廣韻・上聲・梗・猛』莫幸切〉
たけし。つよい。はげしい(猛雨)。

解字

白川

形聲。聲符は

説文解字に健き犬なりとあつて、猛犬をいふ。

戰國策・韓二齊大夫諸子有犬、犬猛不可叱、〜(齊の大夫諸子、犬有りて甚だ猛なり)とあり、猛犬を飼ふ風があつた。

中山王墓には、盛飾を施した犬が陪葬されてゐた。

獳字條に怒れる犬の皃なりとあり、合はせて獳猛といふ。

藤堂

と音符の會意兼形聲。孟はの會意で、蓋をして押さへたのを撥ね除けてどんどん成長することを示す。猛は、押さへをきかずにいきり立つて出る犬。烈しく外へ發散しようとする勢ひを意味する。

漢字多功能字庫

に從ひ聲。凶猛を表す。

壯健なることを表す。『廣雅・釋詁二』猛、健也。

嚴厲(嚴しいこと)を表す。

勇猛を表す。

猛烈を表す。

副詞に用ゐ、突然を表す。

屬性

U+731B
JIS: 1-44-52
當用漢字・常用漢字
𠩜
U+20A5C