域 - 漢字私註

説文解字

域
の重文。
或又从
十二戈部

康煕字典

部・劃數
土部八劃
古文
𢨊

『唐韻』雨逼切『集韻』『韻會』『正韻』越逼切、𠀤音棫。邦也。區域也、界局也。『古氣墳』歸止居域。『詩・商頌』肇域彼四海。『周禮・地官・大司徒』以天下土地之圖、周知九州之地域、廣輪之數。

又宇內曰域中。『莊子・秋水篇』汎汎乎若四方之無窮、無所畛域。『淮南子・俶眞訓』至德之世、甘暝于溷澖之域。

又外國曰絕域。『前漢・武帝紀』詔州郡察吏民、有可爲將相、使絕域者。

又墓限曰域。『周禮・春官・冢人』掌公墓之地、辨其兆域。

又『集韻』乙六切、音郁。『謝惠連・雪賦』雪宮建于東國、雪山峙于西域。叶下竹。

別作𡌳、見『佩觿』。𡌳與不同。戜音耊、从戈从口从𡈼。此从或从土。

部・劃數
田部八劃

『玉篇』古文字。註詳土部八畫。

部・劃數
阜部八劃

『玉篇』古文字。註詳土部八畫。

部・劃數
戈部十二劃

『集韻』、古作𢨊。註詳土部八畫。

部・劃數
土部八劃

『佩觿集』與同。戈部字異、戜音耋、从戈从口从𡈼、音棫。此从或从土。

音訓

ヰキ(呉) ヨク(漢) 〈『廣韻・入聲・職・域』雨逼切〉
さかひ。かぎる。くぎる。

解字

白川

形聲。聲符は

説文解字に或の重文として域を出だし、邦なり。囗に從ひ、戈に從ひ、以て一を守る。一は地なり。といふ。

或は(城邑)をで守る形で、國の初文。その邑居の區域を域といふ。

藤堂

と音符の會意兼形聲。或は(四角い範圍)の會意で、四角い場所を區切つて武器で守る意。或がに借用され、「或人」の或に轉用されたため、域字で或の原義を表すやうになつた。囗印を加へた國と極めて近い。

漢字多功能字庫

に從ふ。説文解字は或の或體とする。或は多く虛詞に借用され、域で地域、領域を表す。

域はまた墓地を表す。『廣雅・釋丘』域、葬地也。

屬性

U+57DF
JIS: 1-16-72
當用漢字・常用漢字
U+3F63
U+49D5
𢨊
U+22A0A
𡌳
U+21333