𢎘 - 漢字私註

説文解字

𢎘
嘾也。艸木之華未發圅然。象形。凡𢎘之屬皆从𢎘。讀若含。
𢎘部

康煕字典

部・劃數
弓部(零劃)

『唐韻』乎感切『集韻』戸感切、𠀤含上聲。『說文』弓嘾也。草木之華未發函然。象形。

又『廣韻』『集韻』𠀤胡南切、音含。義同。

音訓

カン ゴン 〈『廣韻・下平聲・覃・含』胡男切〉〈『廣韻・上聲・感・頷』胡感切〉
つぼみ

音訓とも『字通』に據る。

解字

白川

象形。草木の花が咲ききらず、ものを含んだやうな咲きかけの狀態にあることをいふ。

説文解字にふくむなり。艸木の華未だひらかず圅然たるなり。象形。とあり、《繫傳》に草木の華未だ吐かず、人の物を含むがごときなりとする。《徐箋》に粤族の人になほその語が殘されてをり、今はランの音であるといふ。

またと聲義近く、『後漢書・逸民・梁鴻傳』の《適吳》(吳にく)の詩に麥含含兮方秀。(麥含含としてまさに秀づ)の句がある。

屬性

𢎘
U+22398

関聯字

𢎘に從ふ字