故 - 漢字私註

説文解字

故
使爲之也。从聲。
攴部

康煕字典

部・劃數
攴部五劃

『廣韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤古暮切、音顧。『說文』使爲之也。《註》徐鍇曰:故使之也。

又『廣韻』事也。『易・繫辭』是故知幽明之故。《疏》故、謂事也。

又『廣韻』舊也。『易・雜卦』革、去故也。鼎、取新也。『周禮・天官・大宰』以八統詔王馭萬民、二曰敬故。《註》不慢舊也。

又『書・大禹謨』𠛬故無小。《傳》故犯雖小、必𠛬。

又『禮・曲禮・疏』故者、承上起下之語。

又『禮・檀弓』非有大故、不宿於外。《註》大故、謂喪憂。

又『前漢・藝文志』魯故二十五卷。《註》師古曰、故者、通其指義也。今流俗毛詩、攺故訓傳爲詁字、失眞。

又『前漢・蘇武傳』前以降及物故、凡隨武還者九人。《註》師古曰、物故、謂死也。言其同於鬼物而故也。

又『荀子・王霸篇』不隆本行、不敬舊法、而好詐故。《註》故、巧也。

又『韻補』叶攻乎切、辜也。『賈誼・弔屈原文』般紛紛其離此尤兮、亦夫子之故也。歷九州而相其君兮、何必懷此都也。○按『史記』故作辜。

又叶果五切。『東方朔・客難』悉力慕之、困於衣食、或失門戸、使蘇秦、張儀與僕𠀤生於今之世、曾不得掌故。

『說文』从攴作

音訓

コ(漢) 〈『廣韻・去聲・暮・顧』古暮切〉
ふるい(温故)。こと(事故)。もと(故郷)。ゆゑ。ゆゑに。ことさらに(故意)。

解字

白川

の會意。古は祝禱を收める器の上に聖器としてのを加へ、その呪能を永く守る意。ゆゑに古久の意がある。それに攴を加へるのは、その呪能を殊更に害しようとするものであるから、字は故意、事故を原義とする。そのことが原因をなすので事由の意となる。

金文の《大盂鼎》にゆゑに天、翼臨していつくしとあり、古を故の意に用ゐる。

また《小盂鼎》にこととは事由の意。

周禮・天官・宮正國有故(國に故有り)とは、事故、禍殃のあることをいふ。

藤堂

(動詞の記號)と音符の會意兼形聲。古は、固くなつた頭骨、または固い兜を描いた象形字。故は、固まつて固定した事實になること。

また、既に固まつて確立した前提を踏まへて、「そのことから」と繫げるので「ゆゑに」といふ意の接續詞となる。

漢字多功能字庫

金文はに從ひ、古は亦た聲符。構形初義不明。疑ふらくは本義は故舊(過去)。

金文では故舊を表す。中山王方壺郾故君子𨗥(噲)、新君子之。

また連詞に用ゐ、結果分句を連接する。中山王方壺故邦亡身死故辭豊(禮)敬則賢人至。

また人名に用ゐる。

屬性

U+6545
JIS: 1-24-46
當用漢字・常用漢字