沃 - 漢字私註

説文解字

𣵽
漑灌也。从聲。
十一水部

康煕字典

部・劃數
水部四劃

『廣韻』『集韻』『韻會』𠀤烏酷切、音鋈。『說文』灌漑也。『書・說命』啓乃心、沃朕心。『正義』當開汝心所有、以灌沃我心也。

又盛也。『詩・衞風』其葉沃若。《疏》沃若、沃沃然盛也。

又壯姣也。『詩・檜風』夭之沃沃。《傳》沃沃、壯姣也。

又柔也。『詩・小雅』其葉有沃。《傳》沃、柔也。

又土不磽曰沃壤。『左傳・襄二十五年』楚蔿掩爲司馬、井衍沃。《註》衍沃、平美之地。

又盥手曰沃盥。『周禮・夏官』小臣大祭祀沃王盥。《疏》言爲王沃手、盥手也。又『左傳・正義』盥謂洗手、沃謂澆手。

又泉名。『爾雅・釋水』沃泉縣出。

又水名。在沃陽縣西北。『水經注』中陵水東逕沃陽縣、又西北流注沃水。

又九土之一。『淮南子・地形訓』正南次州曰沃土。

又閩南人謂雨淋曰沃。見『鄭瑗井觀瑣言』。

又曲沃、晉邑名。『詩・唐風』素衣朱襮、從子于沃。『廣輿記』曲沃縣、屬山西平陽府。

又姓。沃丁之後。吳有沃焦、著『神仙傳』。

又『集韻』鬱縛切、音艧。茂貌。『詩・衞風』其葉沃若、徐邈讀。

『說文』本作𣵽、今省。

部・劃數
水部八劃

『唐韻』『集韻』𠀤烏酷切、音鋈。『說文』漑灌也。與同。

又『集韻』於到切、音奧。義同。

異体字

或體。

音訓

ヨク(慣) オク(漢、呉) 〈『廣韻・入聲・沃・沃』烏酷切〉
そそぐ。やはらか。こえる(沃土、肥沃)。

解字

白川

形聲。聲符は。正字は𣵽に作り聲。

説文解字に漑灌するなりとあり、農地に水を注ぐことをいふ。

周禮・夏官・小臣大祭祀、朝覲、沃王盥。(大祭祀には朝覲し、王にそそぎて盥せしむ。)とあつて、手を洗ひ清める沃盥の義が、字の初義であらう。故に「つややか」「ゆたか」の意がある。『詩・衛風・氓其葉沃若(其の葉、沃若たり)とはその意。

のち沃土、沃野の意に用ゐる。

藤堂

と音符の會意兼形聲。夭は、手足を擴げた人の頭が橫に曲がつた姿で、しなやかの意を含む。沃は、水で潤してしなやかにすることを表す。

屬性

U+6C83
JIS: 1-45-64
常用漢字(平成22年追加)
𣵽
U+23D7D
𦰚
U+26C1A

関聯字

沃聲の字