祅 - 漢字私註

説文解字

䄏
地反物爲䄏也。从聲。
示部

康煕字典

部・劃數
示部四劃

『唐韻』『集韻』『韻會』於喬切『正韻』伊堯切、𠀤音幺。『說文』本作䄏。天反時爲災、地反物爲䄏。『前漢・天文志』迅雷風祅。『禮・樂志』姦僞不萌、祅孽伏息。

又叶衣虛切、音於。『孔臧・鶚賦』觀之歡然、覽考經書。在德爲祥、棄常爲祅。

部・劃數
示部八劃

『集韻』同。『說文』地反物爲䄏。通省作祅。『韻會小補』亦通作。互祥祅妖二字註。

音訓

エウ(漢、呉) 〈『廣韻・下平聲・宵・妖』於喬切〉
わざわひ

解字

白川

形聲。正字は䄏に作り、聲。

説文解字の釋は『左傳・宣十五年天反時為災、地反物為妖(天、時に反するを災と爲し、地、物に反するを妖と爲す)とあるのによる。字はを用ゐることが多い。

『漢書・五行志中之上』凡そ艸木の類、之を妖と謂ふ(補註: 中國哲學書電子化計劃Wikisource凡草物之類謂之妖。とする。)と芺の字形によつて説くが、芺は巫女が手を擧げて舞ひ、夭屈して祈る形で、に從ふ字ではない。

説文解字蠥字條に衣服、歌謠、艸木の怪、之を䄏と謂ふとあつて、艸木に限らず、すべて奇邪のものは妖とされた。

楚辭・天問』に妖夫曳衒(妖夫曳衒す)とは、神がかりの狀態となつて、奇語を發することをいふ。

藤堂

(神)と音符(正體が曖昧な、あやしい)の會意兼形聲。

漢字多功能字庫

祅は古くは䄏字の省體。祅とは同字で、いづれも妖災の義を有す。

屬性

U+7945
JIS: 1-89-21
U+410F