妖 - 漢字私註

説文解字

𡝩
巧也。一曰女子笑皃。『詩』曰、桃之𡝩𡝩。从聲。
十二女部

康煕字典

部・劃數
女部四劃

『唐韻』於嬌切『集韻』於喬切『正韻』伊堯切、𠀤音夭。豔也、媚也。一曰異也、孽也。『左傳・莊十四年』人棄常則妖興。『前漢・五行志』殺不以時、有草妖。又妄聞之氣、發于音聲、有鼓妖。雲風𠀤起而杳㝠爲夜妖、言之不文、是謂不艾、時則有詩妖。

又叶央居切、音於。『孔臧・鴞賦』觀之歡然、覽考經書、在德爲祥、棄常爲妖。

又叶側呂切、音阻。『前漢・三王敘傳』怙寵矜功、僭欲失所。私心旣霿、牛禍告妖。

『說文』𡝩、巧也。一曰女子笑貌。从女芺聲。

部・劃數
女部八劃

『說文』本字。亦通

音訓

エウ(漢、呉) 〈『廣韻・下平聲・宵・妖』於喬切〉
なまめかしい(妖艷)。あやしい。わざわひ。もののけ(妖怪)。

解字

白川

形聲。正字は𡝩に作り、聲。芺はの初文。

説文解字に巧なり。一に曰く、女子の笑ふ皃なり。とし、『詩』に曰く、桃の𡝩𡝩たると『詩・周南・桃夭』の句を引く。今本は「夭夭」に作る。「巧なり」も「巧美なり」の誤りであらう。

芺は手を擧げて舞ふ巫女の姿。その姿態をといふ。巫が神がかりの狀態にあつて神託を述べることをといひ、これを禍事とすることもあつて、説文解字字條に地、物に反するを䄏と爲すなり。とあり、神怪のことをいふ。

字はまたと通用する。

人の妖艷なるものも、衒媚のおそれがあるといふので、また妖といふ。

藤堂

と音符の會意兼形聲。夭は、細く身體を曲げた姿。妖は艷めかしく身體をくねらせた女の姿を示す。

漢字多功能字庫

に從ひ聲。本義は艷麗、嫵媚。『文選・宋玉・神女賦』近之既妖、遠之有望。李善注近看既美、復宜遠望。

また常に反すること、怪異なる事物を表す。『左傳・莊公十四年』人棄常則妖興、故有妖。

また淫邪、不正を表す。『後漢書・梁冀傳』梁冀妻孫壽、色美而善為妖態、作愁眉。

また邪惡の人を指す。『荀子・大略』口言善、身行惡、國妖也。

屬性

U+5996
JIS: 1-45-37
常用漢字(平成22年追加)
𡝩
U+21769