夭 - 漢字私註

説文解字

夭
屈也。从、象形。凡夭之屬皆从夭。
夭部

康煕字典

部・劃數
大部(一劃)

『廣韻』於嬌切『集韻』『韻會』於喬切『正韻』伊堯切、𠀤音妖。色愉貌。『論語』夭夭如也。

又草盛貌。『書・禹貢』厥草惟夭。

又少好貌。『詩・周南』桃之夭夭。

又災也。『詩・小雅』天夭是椓。

又閎夭、人名。文王四友之一、武十亂之一。

又栢夭、馬名、見『列子』。

又『廣韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤烏皓切、音襖。未壯也。『禮・月令』孟春毋殺胎夭。『王制』不殺胎、不殀夭。《註》未生者曰胎、方生者曰夭。

又『廣韻』『集韻』『韻會』於兆切『正韻』伊鳥切。𠀤同𣧕。『說文』屈也。《徐曰》夭矯其頭頸也。一曰短折也。『博雅』不盡天年謂之夭。

又『集韻』烏酷切、音沃。『山海經』軒轅國有諸夭之野。

又苦緺切、音歪。『白樂天詩』錢塘蘇小小、人道最夭斜。『自註』夭音歪、收入九佳。

又叶於糾切、音黝。『韓愈・韋夫人墓銘』歸逢其良、夫夫婦婦。獨不與年、而卒以夭。婦音阜。『歐陽修・蔡君山墓銘』退之有言、死孰爲夭。子墓予銘、其傳不朽。

別作叐关。

部・劃數
歹部四劃

『字彙補』本字。詳大部夭字註。

音訓・用義

(1) エウ(漢、呉) 〈『廣韻・下平聲・宵・妖』於喬切〉
(2) エウ(漢、呉) 〈『廣韻・上聲・小・夭』於兆切〉
(3) アウ(漢、呉) 〈『廣韻・上聲・晧・襖』烏晧切〉
(1) わかい
(2) わかじにする(夭折)

音(3)は、生じたばかりの動植物、物の生じて未だ壯んならざるさま、に用ゐる。

解字

白川

象形。人が頭を傾け、身をくねらせて舞ふ形に象る。夭屈の姿勢をいふ。

説文解字に屈するなり。大に從ふ。象形。とし、《繫傳》に其の頭頸を夭嬌するなりといふ。

若い巫女が手を擧げ、髮を亂して舞ふ形はで、の初文。その前に祝詞の器を置く形は、故に夭若の意がある。その祝詞を捧げて舞ふ形は吳、神をたのしませることをいふ。芺、吳には笑ひ娯しむ意がある。もと神を娯しませる意であつた。

また早折を夭といひ、災ひを殀といふ。その鬱屈の象をとるものであらう。

藤堂

象形。人間のしなやかな姿を描いたもの。

落合

と同源の字。

漢字多功能字庫

長沙子彈庫《楚帛書》の字の上は鏃の形に從ひ、下は人の走り回る形に從ひ、構形初義不明。夭亡の義に用ゐる。《楚帛書》乙2卉木亡(無)尚(常)是謂夭は、花木の久しからざるを夭亡といふ、の意。

古くはの初文を誤つて夭と釋し、これは走の初文と夭の形が近く混同したためで、古文字の走、奔は夭には從はない。

按ずるに説文解字の小篆の字形は必ずしも正確ではなく、夨字と混同してゐる可能性があり、屈也の釋は本義ではない。

屬性

U+592D
JIS: 1-52-80
𣧕
U+239D5

関聯字

夭聲の字