酉 - 漢字私註

説文解字

酉
就也。八月黍成、可爲酎酒。象古文酉之形。凡酉之屬皆从酉。
十四酉部
丣
古文酉。从、卯爲春門、萬物已出。酉爲秋門、萬物已入。一、閉門象也。

康煕字典

部・劃數
部首
古文

『廣韻』與九切『集韻』『韻會』以九切『正韻』云九切、𠀤音牖。『說文』就也。八月黍成、可爲酎酒。《徐曰》就、成熟也。丣爲春門、萬物已出。酉爲秋門、萬物已入。一、閉門象也。『廣韻』飽也、老也。『爾雅・釋天』太歲在酉曰作噩。『史記・律書』八月也。律中南呂、其於十二子爲酉。酉者、萬物之老也。『淮南子・天文訓』指酉。酉者、飽也。律受南呂。又『時則訓』仲秋之月、招搖指酉。『釋名』酉、秀也。秀者、物皆成也。於『易』爲兌。

又大酉、小酉、山名。在辰州沅陵。相傳石穴中有書千卷。

又水名。『後漢・郡國志』武陵郡酉陽縣、酉水所出、東入湘。

又『字彙補』五酉、怪名、孔子在𨻰所見也。見『衝波集』。

又姓。『正字通』魏有酉牧。

部・劃數
一部六劃

『廣韻』與久切『集韻』以九切『正韻』云九切、𠀤音有。闔戸爲丣、日入時也。『說文』就也。八月黍成、可爲酎酒。象古文酉之形。古文酉、从丣。戼爲春門、萬物已出。酉爲秋門、萬物已入、一、閉門象也。『六書正譌』後人以此字類丣、故加酉字別之。酉、乃古酒字、象器中半水。旣以酉字爲丣、復加水旁作酒字。凡畱柳等字皆从丣、醴醪等字會意者皆从酉、二字不可溷用。

音訓

イウ(漢) 〈『廣韻・上聲・有・酉』與久切〉
とり

解字

白川

象形。酒器の形に象る。金文ではの字に用ゐ、その初文。

説文解字にるなり。八月、黍成る。酎酒をつくるべし。古文酉の形に象る。とし、古文一を擧げるが、その字は用例を見ない。

十二支のとりに用ゐる。

藤堂

象形。口の細い酒壺を描いたもの。のち酒に關する字の意符として用ゐる。

落合

酒や水を入れる樽の象形。

甲骨文では殆どが十二支としての用法。殷金文には圖象記號として見えるが、甲骨文には地名、人名の用法が見えない。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. 十二支の十番目。
  2. 祭祀名。の略體。

甲骨文の要素としては酒樽としての用法が多い。

後代には、樽の意味としては尊などが使はれた。

漢字多功能字庫

甲骨文、金文は、酒樽の形を象り、夏代二里頭に出土した大口の樽の形狀と合致してゐる。酒尊(酒樽)の尊の象形初文。それで古文字の酉は酒を表すことができる。字は三體石經古文に酉に作る。後に假借して十二支名となす。酒甕の底部は尖つてをり、酒甕の一小半を土に埋めて用ゐることができて、さうして貯藏保存する。

甲骨文での用義は次のとほり。

金文での用義は次のとほり。

屬性

U+9149
JIS: 1-38-51
人名用漢字
U+4E23
JIS X 0212: 16-7

関聯字

酉に從ふ字

説文解字・酉部のほか、以下の字など。

酉聲の字