戎 - 漢字私註

説文解字

戎
兵也。从
十二戈部

康煕字典

部・劃數
戈部五劃

『說文』本字。兵也。

部・劃數
戈部二劃

『唐韻』如融切『集韻』『韻會』而融切『正韻』而中切、𠀤音絨。『說文』兵也。『禮・月令』以習五戎。《註》五戎、弓殳矛戈戟也。『周禮・秋官・掌交』九戎之威。《註》九戎、九伐之戎也。

又兵車名。大曰元戎、小曰小戎。『詩・秦風』小戎俴收。又『小雅』元戎十乗。

又『禮・王制』西方曰戎。

又大也。『詩・周頌』念兹戎功。《箋》戎功、大功也。『書・盤庚』乃不畏戎毒于遠邇。《註》戎毒、大毒也。『揚子・方言』宋魯𨻰衞謂大曰戎。

又汝也。『詩・大雅』戎有良翰。『又』戎雖小子。《註》汝也。

又相也。『詩・小雅』烝也無戎。《傳》戎、相也。

又拔也。『揚子・方言』江淮南楚之閒謂拔曰戎。

又姓。春秋戎律、漢戎賜、明戎廉。

又『集韻』如蒸切、音仍。與扔通。『前漢・古今人表』有扔君。或作𢫨。亦省作戎。

又『韻補』叶而主切、音汝。『詩・大雅』南仲太祖、太師皇父、整我六師、以脩我戎。

本作𢦦。俗作[⿰牛戎]。

音訓

ジュウ(漢) 〈『廣韻・上平聲・東・戎』如融切〉
つはもの。いくさぐるま。いくさ。えびす。なんぢ。

解字

白川

(ほこ)と(たて)の會意。干戈を組み合はせた字で、兵器をいひ、また軍事をいふ。

説文解字に兵なり。戈甲に從ふ。とするが、金文の字形はではなく、干(盾)の形。

金文に戎工、戎攻、戎𬆢、戎兵などの語がある。また西戎、戎狄のやうに夷狄の意に用ゐる。『詩』にも戎功、戎醜のやうな用例がある。

藤堂

(鎧)の會意で、樣々な兵器を表す。黏り強くて、壞れない意を含む。

落合

甲骨文は武器のと盾の象形の毌の略體の會意。武器と楯で軍備を表してをり、軍事行動を象徵してゐる。毌の略體を更に(十字形)に簡略化した字體がある。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. 軍事行動の意。《合集》27997系方叀𠭯方作戎。
  2. 地名。《合集》22043丁未卜、其征戎、翌庚戌。

後代には蔑稱的に蠻族の汎稱として用ゐられたが、甲骨文にその用法は見えない。

漢字多功能字庫

甲骨文、金文はと盾の初文に從ふ。戈も盾も武器であり、故に戎の本義は武器である。轉じて戰爭、軍事を表す。

盾字は後に線條化して十形になり、古文字のの形に近く、ゆゑに小篆は甲に從ふ。

甲骨文では地名に用ゐる。

金文での用義は次のとほり。

屬性

𢦦
U+229A6
U+620E
JIS: 1-29-31

関聯字

戎聲の字